個人輸入と薬事法(薬機法)

個人輸入とは

海外サイトは外国語ばかりで不安・面倒と感じる

個人輸入とは、一般的には「海外の商品を個人使用目的で海外のメーカー、小売店などから個人が直接購入する」ことを指します。 よくある、日本では販売されていないブランド品などをインターネット経由で注文し国際郵便小包で受け取る、という通販も個人輸入のひとつです。

しかし海外のメーカーや小売店のサイトは殆どが日本語以外の言語で書かれており、自分で購入するとなると語学力が必要とされます。 語学力に自信がなくても翻訳すれば、とお思いの方もいらっしゃるとは思いますが、海外通販サイトの項目をいちいち翻訳システムにかけていくのはとても骨の折れる作業です。 また、インターネット上にあふれている翻訳システムは100%正しい翻訳結果を表示してくれるわけではありません。

医薬品の場合も前述に漏れず、海外のサイトから買う場合外国語をその都度翻訳しながら様々な輸入に関する手続きを行う必要があり、通貨は全て$(ドル)で のやりとり、更には購入がPayPalなどの決済サービスに限定される場合が多くあります。もちろん通販取引の中で 何か問題が発生したとしても、海外のサポート窓口にいるのは外国人で日本語は通じません。

語学に堪能であれば自分の力だけで個人輸入を行うことは可能ですが、日本人の中ではそんな方の方が少数派であり、大部分の人は面倒な手続きや厄介事、翻訳作業などを避けたいと思っているでしょう。

医薬品アットデパートの個人輸入代行サービスについて

医薬品アットデパートは個人輸入に必要な面倒な手続き、翻訳作業などをお客様に代わって行う個人輸入代行サービスのサイトです。 前項でお話したような語学力の必要性はなく、翻訳作業をすることなく個人輸入を行うことが可能です。

医薬品アットデパートを利用した場合のメリット

面倒なことは全て医薬品アットデパートにお任せ
  • サイトの表記は一般の通販サイトと同じく全て日本語
  • お客様が手続きを行う必要はなく届け先や決済方法入力のみでOK
  • 7,000円以上のお買い物で送料無料(送料が発生する場合も一律700円と低価格)
  • 様々な決済方法から選択できる
  • 使用方法等の商品の詳細情報は全て翻訳してサイトに掲載中
  • トラブルがあっても日本人のサポートスタッフが対応

通販代行の仕組み

  • 医薬品アットデパートでは下図のような輸入代行の仕組みによりお客様の元へ商品をお届けいたします。
  • 商品の発送は医薬品アットデパートではなく海外の販売業者より直接お客様に発送されます。
  • 発送の際の梱包イメージは「梱包方法について」よりご覧いただけます。
通販代行の仕組み

医薬品の個人輸入と薬事法(薬機法)について

  • 本来であれば病院で診察を受け処方箋が必要となる医薬品を輸入するには資格や許可が必要ではないか、という不安をお持ちの方もいらっしゃると思います。 確かに、医薬品を輸入して第三者に販売する場合であれば厚生労働大臣の許可がある人しか輸入することができない、という規定があります。

    しかし個人の「自分で使用する目的のための輸入」の場合は許可を必要としません。
    ですので、個人輸入代行サービスを介して医薬品を購入し、購入者本人だけが使用する場合、厚生労働省により認められており違法性は全くありません。

  • ※注意※個人輸入が認められているのはあくまで「自分が使用する目的」での輸入のみとなります。 個人輸入で購入した医薬品を第三者(家族・友人・知人問わず)に譲渡・販売することは法律で禁止されています。

ページトップへ戻る