ジスロマックの働きとクラミジア感染症に対する効果について

もくじ

ジスロマック500mg 販売価格:¥3,553
商品ページはこちら

ジスロマックの効果

ジスロマックは細菌の増殖を阻害する働きのあるお薬です。
マクロライド系の抗生物質に分類されており、有効成分としてアジスロマイシンを含んでいます。

クラミジア感染症をはじめとする様々な細菌感染症に対して有効性が認められています。
アレルギーが起きにくい特徴がある為、ペニシリン系やセフェム系の抗生物質が使えない方でも服用出来ます。

参考:おくすり110番
参考:ジスロマック錠 添付文書

細菌の増殖を抑える働きがあります

細菌が増殖するためには、自らの細胞(細菌細胞)内でタンパク質を合成する必要があります。
ジスロマックの有効成分アジスロマイシンは細菌のタンパク質合成を阻害することで、細菌の増殖を抑制し殺菌作用を発揮します。

参考:日経メディカル

クラミジア感染症に対する効果

ジスロマックはペニシリン系やセフェム系などの抗生物質では対応できない、特殊な細胞壁の構造を持つクラミジア感染症に対しても有効性が認められています。

ペニシリン系やセフェム系の抗生物質は、感染症の原因となる細胞の細胞壁を破壊する事で細菌を減らします。

しかし、クラミジア感染症の原因となる細菌は特殊な構造をした細胞壁をもっているため、ペニシリン系やセフェム系などの細菌細胞壁を破壊するタイプの抗生物質が効きません

ジスロマックは細胞を破壊するのではなく、細胞の増殖に必要なタンパク質合成を阻害するタイプの抗生物質なので、クラミジア感染症に対しても良い効果が期待出来ます。

参考:国立感染症研究所

臨床試験では被験者の90.7%が治療に成功しました

クラミジア感染症による尿道炎、子宮頸管炎に罹った人を対象に行ったジスロマックの臨床試験では、投与開始15日目で86.7%、投与開始29日目で90.7%の人に効果が認められました

参考:ジスロマック錠 添付文書

最短、2時間で効果が現れ始めます

ジスロマックを服用してから、血液中の薬物濃度が最高値に達するまでの所要時間は約2.5時間です。
このため、個人差はありますが、早い人ではジスロマックを服用してから2時間程度で効果が現れると考えられます。

参考:ジスロマック錠 添付文書

呼吸器感染症、歯周病、淋病に対する効果

ジスロマックは多くの細菌に対し抗菌作用を発揮する抗生物質なので、クラミジア感染症以外にも様々な細菌感染症に用いられます。

呼吸器感染症に対する効果

ジスロマックは呼吸器感染症に対しても良く効くことが知られており、肺炎の治療などにも用いられます。

特にマイコプラズマ肺炎にはジスロマックをはじめとするマクロライド系抗生物質が第一選択薬となっており、医療機関でも積極的に処方される傾向にあります。

ジスロマックをマイコプラズマ肺炎に使用した場合、3日間程度の服用でマイコプラズマ肺炎の治療が可能です。
また、ジスロマックの臨床試験では、呼吸器感染症に対する有効率は97.6%と非常に高い結果が認められました。

参考:肺炎マイコプラズマ肺炎に対する治療指針
参考:坂口こどもクリニック

歯周病に対する効果

歯周病は、口内での歯周病原菌の感染を原因として発症します。
ジスロマックはこれらの細菌に対しても抗菌作用を発揮するため、歯周病の治療にも用いられます。

ジスロマックを投与すると、数日~10日で出血、腫れ、口臭などの歯周病の症状が治まるとされており、重症例の歯周病に対しても用いられています。
また、ジスロマックの臨床試験では、歯科・口腔外科領域感染症に対する有効率は85.9%と高い結果が認められました。

参考:恵愛歯科
参考:ジスロマック錠 添付文書

淋病に対する効果

ジスロマックは淋菌に対しても抗菌作用を発揮するため、淋菌性尿道炎に用いることができます。
淋菌性尿道炎は、排尿痛、尿道の膿分泌などを特徴としており感染後2~7日で発症します。

クラミジアと比べて症状の進行が早く、痛みも強いため、ジスロマックなどの抗生物質で早期に治療をする必要があります。
ただし、近年はジスロマックに耐性を示す淋菌が増加しており、高い治療効果が得られない場合もあります。

参考:新宿駅前クリニック
参考:時事メディカル

ジスロマック500mg 販売価格:¥3,553
商品ページはこちら
ページトップへ戻る