経口避妊薬

94件の商品がございます。
  • 商品カテゴリ:指定なし
  • キーワード:経口避妊薬

経口避妊薬

経口避妊薬とは、世界の女性に最も服用されている避妊を目的とした女性ホルモン剤で、計画的に妊娠を回避することができる医薬品となっており、一般的にはピルと呼ばれています。
毎日1錠服用することによって避妊効果が期待できます。
経口避妊薬の種類には2種類あり、21日間服用し、その後7日間休む単相型と、21錠服用した後も休薬をしない多相型があります。
多相型は休薬が無いため服用の習慣がつき、飲み忘れを防ぐことができます。
経口避妊薬を服用することによって女性ホルモンが増え排卵を刺激するホルモン分泌が少なくなり、卵胞が発育しないため排卵がおこらなくなります。
また、避妊以外にも 月経困難症の緩和、子宮内膜症の治療などにも用いられます。

経口避妊薬の効果と作用

経口避妊薬というものは、その名前が示す通り妊娠しないようにする飲み薬です。
その仕組みは女性ホルモンをコントロールすることで身体に現在妊娠していると錯覚させることにあります。
その結果として一時的に妊娠しにくい状況を作り出すことが出来ると言えます。
この経口避妊薬は女性ホルモンの塊であるため、使用には十分な注意が必要です。
毎日決まった時間に適切な量を飲む必要があるため、医師の指示に従って使用しなければ重大な副作用に悩まされることにもなりかねません。
面倒であっても病院に出向いて包括的な診断の下で経口避妊薬の使用を行うということが非常に重要であると言える種類の薬です。
およそ1ヶ月分で3000円程度の値段で購入できます。

経口避妊薬の代表的な副作用

まず経口避妊薬とは、女性ホルモンの入った錠剤を毎日飲むことで妊娠中だと身体に錯覚させ排卵を止める薬のことです。
排卵をしなければ精子が体内に入ってきても受精できませんから、避妊できるわけです。
さて、経口避妊薬の代表的な副作用は吐き気、頭痛、乳房の張り、ニキビ増加、体重増加といったことがあります。(すべて現れるとは限りません)
「中容量ピル」というホルモン量の多い薬ですと避妊効果が高い代わりに副作用も多く出ることが多いようです。
しかし現在は副作用の少ない「低用量ピル」というホルモン量の少ない薬もあります。
副作用の大きな原因は経口避妊薬による体内ホルモン環境の変化ですから、摂取ホルモン量が少なければ副作用も少ないと考えられます。
しかし、副作用の出方は本当に個人差が大きく、飲んでみなければわからないのが現状です。なおかつ、継続利用することで身体が慣れ、副作用が軽減されていく場合も多いようです。

間違いな避妊方法

性行為をしても妊娠をしないようにするために、行うことと言えば避妊ですが、大切なのは正しい避妊方法を選ぶことです。
例えば、間違いな避妊方法の一つに膣外への射精というものがあります。射精する直前に男性器を抜いて、体の外で射精することで、妊娠しないと思ってる人もいるかと思いますが、男性器からは、射精の前にカウパー腺液というものが出てくるものです。そして、その液だけでも妊娠する確率があります。
また、他の間違いな避妊方法の一つに、生理中の性行為というものがあります。排卵が終わっていることが確実な時期ですから、一見安全に思えますが、生理は不順になることがあり、精子も長く生きていることがありますから、次の排卵期まで精子が生きている可能性もあります。また、生理中の性行為は体を傷つけやすくなりますから、好ましいものではありません。

10代の性教育事情

「性教育」というと、取り扱いの難しいデリケートな問題です。
しかし、若者の予定外の妊娠・デートDV・性的マイノリティー等の問題が大きく取り沙汰される昨今において、性教育事情は大きく変わり始めています。
北欧やアメリカに遅ればせながら、日本でも、教職員・医療関係者・カウンセラー・法律家など、様々な職種を越えて性教育を考える組織が結成され、勉強会や一般向けの講演会も開かれるようになりました。
その活動は、学校での実際の性教育や、映画製作、テレビ番組などでも拡がりつつありますが、人々の関心は未だ低いのが現状です。
インターネットやスマートフォンの普及により、子供たちの性に対する興味が増す一方、間違った情報も安易に得やすくなりました。
学校だけでなく、家庭でのコミュニケーション、社会全体を通して性に対する正しい知識を子供たちに与える必要があります。
性教育事情は、今まさに大きな転換点を迎えています。

10代の性行のリスクとは

近年、我が国においても食生活が欧米化していることも影響しているようで、体型も大人と同じような体つきをしている子供が多いです。
一昔前であれば珍しいことでしたが、小学生のうちに初潮を迎える女子も増えており、そうなれば問題視しなければならない10代の性行のリスクも、さらに低年齢化傾向になっているといえそうです。
10代の性行のリスクとは、やはり望まない妊娠の確率が高いということで、中絶、出産共に女子の体には非常に深いダメージを与えます。
また避妊がきちんとできていないことから、性感染症のリスクも高まり、適切な治療を受けていないと将来の不妊にもつながります。

最近の口コミ

  • バルクロビル500mg(バルトレックスジェネリック)【5箱セット】

    効果有ります
    ヘルペスの発症が分かったら直ぐに飲むようにしています 常備薬としてますね 発症してから病院へ直ぐには行けませんから、時間ながたつと酷くなるから早く薬を飲む事が早く良くなる鍵だと思います。...
    ★★★★★
    男性イメージアイコン
    茨城県
  • エリアス5mg

    優しい薬
    花粉症薬で気になるのが副作用。眠くなったり、お腹が緩くなったりすることが多いのですが、エリアスには副作用がありません。ここが一番気に入っているところです。優しいお薬という印象ですね。優しいですが効果の方はしっかりという感じなので安心して使え...
    ★★★★★
    男性イメージアイコン
    埼玉県
  • スーパーPフォース【7箱セット】

    大変満足
     以前は、スーパーカマグラゴールドを使ってましたが、 服反応が多少ありました。ほてり 軽い頭痛 食欲不振 など。我慢出来る範囲でしたが。  そこでスーパーP フォースに変えてみました。 効果は、あまり変わりませんでしたが、服反応がほ...
    ★★★★★
    男性イメージアイコン
    愛知県
  • シルビトラ(バイアグラとレビトラ)

    最高!
    バリフ、カマグラゴールドを使用しておりました。 それぞれにメリットがあると思いますが、このシルビトラは最高で最強かと思います。 即効性からの持続性、そして反り上がる勃起力! 副作用も気にならない程度でした。 急にHできるタイミングに...
    ★★★★★
    男性イメージアイコン
    兵庫県
ページトップへ戻る