更年期障害治療薬

114件の商品がございます。
  • 商品カテゴリ:指定なし
  • キーワード:更年期障害治療薬

更年期障害治療薬

更年期障害治療薬の「ホルモン補充療法」は、更年期障害の主な原因である女性ホルモンのエストロゲンが急激に減少することなので、エストロゲンを補充することで症状が軽くなります。
この時一緒に「黄体ホルモン製剤」も使われていて、エストロゲンを投与していると子宮がんリスクが高まるというデメリットがあります。
黄体ホルモン製剤は子宮内膜の増殖を防いで子宮がんを予防する目的のためです。
また更年期障害治療薬には漢方療法も行われていて、漢方薬を使うのには症状を取り除きながらホルモンの減少に対応できる身体を作るという目的があります。
漢方薬は幅広い症状に対応して副作用も少ないと言うメリットがあります。
主に当帰芍薬エキス顆粒や加味逍遥散エキス顆粒等が用いられ、更年期障害の代表的な症状である冷えやめまい等を和らげます。
更年期障害治療薬にはその他にうつや不安感等の精神的な症状がある場合があり、それには睡眠導入剤や抗うつ剤等の薬を使われます。

更年期障害治療薬の種類

更年期障害は、女性ホルモンバランスの乱れが原因で、身体的、精神的にさまざまな不調が起こります。
更年期は誰にでも訪れ、体と心の転換期ですから、1人で悩まず医師に相談しましょう。
更年期障害の治療は、病状や環境に合わせて、薬物療法ホルモン補充療法、漢方療法、プラセンタ注射、向精神薬などを組み合わせて行われます。
ホルモン補充療法では、通常、卵胞ホルモンと黄体ホルモンを投与します。
漢方療法では、疲れやすい場合は当帰芍薬散が、イライラする場合は加味逍遥散が、のぼせる場合は圭枝ブク苓丸が、よく用いられます。
プラセンタ注射とは、成分に成長因子があり、細胞の新陳代謝を促し、細胞を増進・促進してシミやシワなどの美容、更年期障害、自律神経失調症に効果があります。
精神症状性更年期障害に対しては、向精神薬を主体にした薬物療法と精神療法が有効です。

更年期障害治療薬の副作用

多くの女性を悩ませる更年期障害ですが、その原因はエストロゲンという女性ホルモンが大きく減ってしまうからです。
そこで、更年期障害治療薬としてこのエストロゲンを補充するHRTという薬があります。これは女性ホルモンを増やせますから、とても効果が期待できます。
保険適用がされますので、費用負担が少ないのもうれしいです。
ただ、副作用があることも事実です。胃のむかつきや胸の張り、むくみなどが生じることがありますし、子宮筋腫が大きくなってしまうこともあります。
ですが多くの症状は時間とともになくなりますし、HRTを少しにして漢方薬と併用するという方法もあります。
漢方薬も更年期障害治療薬として有効で、安全性も高いです。

更年期障害の検査方法

更年期障害は男性にもありますが、やはり女性の多くが悩んでおられる病気です。ホットフラッシュと呼ばれる強いのぼせや発汗、あるいはうつ症状などが起きます。
その検査方法としては、血液ホルモン検査が重要となります。更年期障害は卵巣機能の低下によって、女性ホルモンのエストロゲンが減ることで、自律神経が不調になるのが原因だからです。
また、エストロゲンが急減することで骨粗しょう症という、骨がもろくなってしまう病気にかかりやすくなってしまいます。そのため、骨量の測定も行います。
子宮や卵巣などを内診するという検査方法もあります。こうした検査には抵抗があるものですが、女性医師が行ってくれる医療機関もあります。
検査によって更年期障害と診断されれば、ホルモン補充療法などを行います。

更年期障害になる年齢

更年期障害になる年齢は、生活習慣や食事などで大きく異なってくることがあります。
睡眠不足は成長ホルモンの分泌を弱めますので、早く老け込んでしまうことがあります。食生活も乱れていると、栄養不足または栄養過多を引き起こし、やはり老いを助長してしまいます。
そうなると、通常よりも早く更年期障害を越してしまう可能性が高くなります。
通常更年期障害が起こる年齢は、50歳をはさみ10年間と言われています。45歳から55歳までが1番更年期障害を起こし易い年代です。しかし、上記のように生活に乱れがあると30代でも閉経が起こります。更年期障害は、閉経期をはさむ10年間のことなので、20代でも更年期に入ってしまう人もいます。

男性更年期の主な症状

更年期障害と聞くと、女性ホルモンの乱れから来る女性特有のものだと思われがちですが、実は男性にも中高年になると男性更年期が起き、様々な不調に悩まされることがあります。
最近、やる気がおこらない、朝起きるのがつらい、性欲がなくなるなど男性更年期になると、うつ病か?と誤診されるような症状が出る場合もあるそうです。
そこでうつ病かもと心療内科や精神科を受診して、薬や静養をしても全然治らない場合、更年期障害である可能性もあるのです。
それは血液検査で分かるので、うつ病のように長く続き、なかなか改善されない場合、更年期障害を疑い治療を受ける必要があります。
男性もホルモンが減るので、減ったホルモンを薬などで治療することによって、症状が改善される場合もあります。

最近の口コミ

  • バルクロビル500mg(バルトレックスジェネリック)【5箱セット】

    効果有ります
    ヘルペスの発症が分かったら直ぐに飲むようにしています 常備薬としてますね 発症してから病院へ直ぐには行けませんから、時間ながたつと酷くなるから早く薬を飲む事が早く良くなる鍵だと思います。...
    ★★★★★
    男性イメージアイコン
    茨城県
  • エリアス5mg

    優しい薬
    花粉症薬で気になるのが副作用。眠くなったり、お腹が緩くなったりすることが多いのですが、エリアスには副作用がありません。ここが一番気に入っているところです。優しいお薬という印象ですね。優しいですが効果の方はしっかりという感じなので安心して使え...
    ★★★★★
    男性イメージアイコン
    埼玉県
  • スーパーPフォース【7箱セット】

    大変満足
     以前は、スーパーカマグラゴールドを使ってましたが、 服反応が多少ありました。ほてり 軽い頭痛 食欲不振 など。我慢出来る範囲でしたが。  そこでスーパーP フォースに変えてみました。 効果は、あまり変わりませんでしたが、服反応がほ...
    ★★★★★
    男性イメージアイコン
    愛知県
  • シルビトラ(バイアグラとレビトラ)

    最高!
    バリフ、カマグラゴールドを使用しておりました。 それぞれにメリットがあると思いますが、このシルビトラは最高で最強かと思います。 即効性からの持続性、そして反り上がる勃起力! 副作用も気にならない程度でした。 急にHできるタイミングに...
    ★★★★★
    男性イメージアイコン
    兵庫県
ページトップへ戻る