ダポキセチン

85件の商品がございます。
  • 商品カテゴリ:指定なし
  • キーワード:ダポキセチン

ダポキセチン

ダポキセチンを使用して早漏治療を行うなら、まずこの薬の特徴と詳細を知っておく必要があります。
ダポキセチンは、早漏治療薬としては広く知られた製剤で、ヨーロッパを中心に世界30ヶ国以上で認可されています。
主成分はダポキセチンで、早漏に対して効果を示し、個人差はあるものの、服用により挿入時間を最大で3~4倍に延ばすことが可能です。
国内でダポキセチンの処方を受けるときの注意点としては、なるべくダポキセチンに詳しく、また処方数が多い医療機関を受診することです。
服用に際しては、注意すべき用法や用量がありますので、それらをよく熟知している病院が適任でしょう。
その他の注意点としては、この薬が保険適用外であるということです。
保険適用による費用の分担がないので、薬の購入については高額になることを覚えておかなければなりません。
ただし、同様の成分が含まれたジェネリック医薬品に代替することで、同等の効果を得ながら費用を抑えることができます。

心因性早漏にダポキセチンは効きやすい

心因性早漏にはダポキセチンが効きます。
ダポキセチンは脳内物質であるセロトニンの分泌を促し、脳の興奮状態を鎮めます。
心因性早漏は心に関係し、心は脳に関係してきますので、脳に作用するダポキセチンは心因性早漏に効きやすいと言えます。
早漏の人の脳は、性行為の時にちょっとした性的刺激を過大に認識するため射精を早めますが、このダポキセチンを服用することにより脳の興奮を鎮め、射精の時間を遅らせることができます。
服用は性行為の1時間ぐらい前に行います。
副作用も比較的少ないため、早漏に悩んでいる多くの人に使用されています。

身体的原因の早漏にダポキセチンの効果はあるのか

ダポキセチンは身体的原因の早漏にも効果があります。
包茎など身体的原因のある早漏の人でも、ダポキセチンを服用することにより性行為の際、射精を遅らせることができます。
特に仮性包茎の場合、通常は包皮につつまれていて周りの刺激から守られています。
しかし、勃起をして敏感な亀頭がむき出しになりますと、普段守られている分とても刺激に弱いです。
このように、身体的原因があってもダポキセチンは脳に作用するものなので効果が得られます。
脳内物質セロトニンの分泌を促し、性行為の際の性的刺激によって脳が興奮するのを抑えてくれますので、射精を遅らせることが可能です。
ダポキセチンを主成分とする治療薬は数多く開発されていますので、自分の体にあったものを選ぶと良いでしょう。

ダポキセチンとED治療成分の組み合わせ

ダポキセチンは従来抗うつ剤として処方されていましたが、現在では早漏防止薬としても用いられます。
抗うつ剤の多くには、性欲を減退させる副作用がみられ薬剤性EDを引き起こすことがあります。
早漏の原因は性的な刺激ですぐに射精してしまう過敏性早漏、摩擦に慣れていない包茎性早漏、過大な想像による心因性早漏、加齢による衰弱性早漏など様々な種類があります。
早漏は遅く発射したい、EDは早く発射したいと相反する関係に思えますが、ED治療薬はペニスの血流を高めるのが目的で、性的興奮がなければ勃起はしません。
抗うつ薬は過剰な思い込みを抑制するものですから、ダポキセチンなど早漏防止薬とED治療成分の組み合わせは成立することになります。
ED患者の3割が早漏症も併発しているので、早漏防止薬とED治療成分の組み合わせは、男性にとって夢の組み合わせと言えます。

ダポキセチンの服用を中止すべき副作用

早漏治療薬としてダポキセチンという薬がありますが、これは抗うつ剤の一種でもあります。
鬱状態とは、セロトニンという脳内で分泌される物質が少ないために起こりますが、ダポキセチンにはこのセロトニンの濃度を高める作用があります。
セロトニンには脳の興奮状態を鎮める働きがあります。
早漏は性的な興奮が起きるとすぐに絶頂に達してしまうものですので、その興奮を抑えることができれば早漏を解消できるのではないかと考えられているのです。
ダポキセチンは、抗うつ剤、すなわち脳に作用する薬です。
そのため体質によっては強い副作用がでる場合があり、副作用としてめまいや吐き気、頭痛などが報告されています。
また心拍の上昇、妄想、脱力感などの強い副作用が出る場合は服用を中止したほうが良い場合であると判断できるでしょう。

ダポキセチンと併用してはならない薬やサプリメント

ダポキセチンはもともと抗うつ剤として開発された薬であり、作用が類似しています。
そのためSSRI、SNRI、三環系に限らず、抗うつ剤との併用は禁忌とされています。
特にMAO阻害剤との併用は危険であり、MAO阻害剤の服用中断後14日以降でなければダポキセチンを服用してはならないとされています。
また、セントジョーンズワートや5HTPなどの抗鬱作用があるサプリメントとの併用も禁忌です。
そのほかにダポキセチンと併用してはならない薬としては、抗真菌薬や抗ウイルス剤の一部があります。
正確に言うとCYP3A4阻害薬というタイプの薬が併用禁止となるのですが、一般の方にはどの薬がそのタイプか分からないと思いますので医師にご相談ください。
尚、意外かもしれませんがED治療薬との併用は構いません。

最近の口コミ

  • ロニタブ10mg【2箱セット】

    やっと買えた
    ずっと購入したかったのですがずっと売り切れで購入できませんでした。やっぱり人気があるんですね。なので今回は2箱セットを購入しました。私自身も効果を確認しています。もちろん、今後も切らさずに飲み続けようと思っています。頭髪にはこの薬が最高です...
    ★★★★★
    男性イメージアイコン
    東京都
  • 新型コロナウイルス検査キット

    娘が陽性に
    購入して備蓄していました。ある日娘が突然高熱を出したので検査してみたら陽性。すぐに保健所に連絡してPCR検査をしたのですがやはり陽性。自宅待機となりました。私たち夫婦も抗体検査をしたのですが陰性でした。早くコロナ禍が明けてくれることを祈って...
    ★★★★
    女性イメージアイコン
    東京都
  • ハイボース50mg・100錠(グルコバイジェネリック)【3箱セット】

    まとめ買いは安い
    こちらのサイトはまとめ買いすればするほど安くなります。なので私はこの3箱セットを購入するようにしています。以前は某サイトにて購入していたのですが、最近値上げして価格が高くなったのでこっちに乗り換えました。薬の効果などはどこも同じです。...
    ★★★★★
    男性イメージアイコン
    福島県
  • ナシビン点鼻薬0.05%【7箱セット】

    話をする前に
    ちょっとした鼻炎持ちです。慢性的な鼻炎なので完治は諦めています。しかし、鼻が詰まっているので話をする時に不快な声がなるのが気になります。なので話をする前だけ、こちらのナシビン点鼻薬を使うようにしています。使うと鼻が通りいい声になってくれます...
    ★★★★
    女性イメージアイコン
    東京都
ページトップへ戻る