シルデナフィル

123件の商品がございます。
  • 商品カテゴリ:指定なし
  • キーワード:シルデナフィル

シルデナフィル

シルデナフィル(クエン酸シルデナフィル)は、ED治療薬として最も有名なバイアグラの有効成分です。
1990年代初頭に狭心症の治療薬としてシルデナフィルの開発が行われ、その際に患者の中から陰茎の勃起を促進する作用が現れていることが明らかとなり、勃起不全治療薬としての利用価値が認められ、1998年アメリカのファイザー製薬よりバイアグラが販売を開始しました。
勃起不全を治せる夢の薬として世界中で大きな話題となったシルデナフィル成分ですが、類似品のバイアグラや偽物なども多く出回ってしまい、副作用による死亡例なども起こり社会問題となりましたが、現在では正規の処方薬として日本の病院でも患者さんが手にすることのできる安全な治療薬として活躍しています。
2014年5月にはバイアグラの特許がきれたとにより、同一のシルデナフィルを主成分としたジェネリック医薬品も多く販売されるようになり、当サイトでもシルデナフィルを配合した安価なジェネリック医薬品を正規ルートにて数多く取り揃えております。

シルデナフィルの開発

シルデナフィルの開発経緯ですが、もともとこの薬はED治療薬ではなく狭心症治療薬として研究されていたものです。
狭心症とは心臓の血管が収縮して胸に激痛が走る病気で、ニトログリセリンなどの血管拡張剤が治療に使われます。
シルデナフィルにも血管を拡げる作用があるので、治療薬として使えるのではないかと期待されていたのです。
試験の結果、狭心症に対してはあまり効果がないことが分かったのですが、代わりに海綿体の血管を拡げてEDを治す効果があることが判明しました。
このため、ED治療薬として使われる運びになったのです。
このような開発経緯をもつシルデナフィルは、狭心症治療薬と似た作用があるので、併用は厳禁とされています。

シルデナフィルの主な副作用

シルデナフィルとは、勃起不全および肺動脈性肺高血圧症の治療薬です。
勃起不全治療薬としては「バイアグラ」、肺動脈性高血圧症の治療薬としては「レバチオ」という名称が用いられています。
血管を拡張させ、血流量を増やすことによって勃起不全の症状を一時的に緩和し、機能させる働き等があります。
シルデナフィルの主な副作用としては、血圧の急激・大幅な低下や、心臓への酸素供給に支障をきたす「狭心症」などがあらわれることがあります。
また、硝酸塩系薬剤との併用は不可となっているため、シルデナフィル服用時に狭心発作等を起こしてしまい医療機関にかかる際には、必ずシルデナフィルを服用していることを伝えることが重要です。
もし伝えておらずに硝酸塩系薬剤を投与されてしまうと、症状が悪化してしまう可能性があるので注意が必要です。
危険性についてしっかりと留意した上で服用することが大切といえるでしょう。

シルデナフィルの注意点

シルデナフィルという成分はバイアグラなどの有効成分として有名になりました。男性機能の衰えをカバーするED治療薬として広く使用されている薬剤です。
一時的に血流を良くする効果があるため勃起しやすくなるという効果が得られます。
注意点としては心臓病の薬、具体的には狭心症の改善薬であるニトログリセリン系の薬と同時に使用すると血流の過剰な亢進状態によって死亡するリスクがあるということを覚えておかなければなりません。
またシルデナフィルは腸から吸収する薬であるため、食べ物がある状態では吸収が阻害されて効果が出ないことがあります。
そのため空腹時に使用しなければならないという特徴がありますので注意をするようにしましょう。

シルデナフィルの併用禁忌

シルデナフィルは勃起不全(ED)の治療薬です。また肺動脈性肺高血圧症の治療薬でもあります。
薬を使用するとき併用をさけるべき薬があります。併用禁忌薬としてどのようなものがあるのでしょうか。
心臓病の治療薬としてニトログリセリンなどの硝酸薬及びNO供与薬がありますが、併用することによって降圧作用が増強され血圧が下がりすぎる場合があります。
環状グアノシン一リン酸(cGMP)という血管の平滑筋を弛緩させ血流を増加させる成分があるのですが、NO供与薬はcGMPの産生を刺激し、シルデナフィルはcGMPの分解を阻害する作用があります。
また抗不整脈薬であるアンカロン錠(塩酸アミオダロン)も併用禁忌となっており、QTc延長作用が増強する可能性が指摘されています。

シルデナフィルを含む医薬品

シルデナフィルはED治療薬に配合されている成分です。
5型ホスホジエステラーゼという酵素の働きを阻害することで血管を拡張させる作用があり、陰茎周辺部の神経に作用して血管を拡張させることで血流量が増加してEDを改善します。
シルデナフィルを含む医薬品として有名なものにバイアグラがあり、ジェネリック医薬品として代表的なものでカマグラやゼネグラなどがあります。
服用後、およそ1時間~2時間で効果がピークに達し、その後は約4~5時間程度持続します。
空腹時の服用でないと効果が半減してしまうという特徴があります。
またシルデナフィルは、血管拡張を促進する作用があるため、慢性心不全や肺高血圧症の治療にも使われます。
肺動脈性肺高血圧症治療薬のレバチオにも含まれています。

最近の口コミ

  • タダポックス

    まあまあかな?
    早漏改善効果はあまり感じなかったかな?  でも硬さはカマグラゴールドを飲んだ時同じく効果はあった。 20代の硬さてはないけど中折れなどもなかった。...
    ★★★
    男性イメージアイコン
    沖縄県
  • スハグラ25mg【5箱セット】

    あまり効果がなかった
    やはり体重が重いせいか25mgではあまり効果は無かった。 試しに買ってみたが、私にはやはりカマグラゴールドの方が合っているようだ。...
    ★★
    男性イメージアイコン
    沖縄県
  • タダシップ

    自分には合わないかな?
    飲むと頭痛がして必ずお腹がいたくなります。硬くなる感はあるのですが、副作用がひどくてあまり集中ができない。 自分にはあってないようです。...
    ★★
    男性イメージアイコン
    沖縄県
  • ポゼット60mg【2シートセット】

    ポゼット60mg【2シートセット】-一番
    一番
    色々な薬を試しています。これは、結構私に合うようです。飲む前は1分位で果てて逝っていましたが、3分くらいまで伸ばすことができ、性生活を楽しめるようになりました。ただ、少しお腹がゆるくなる。...
    ★★★★★
    男性イメージアイコン
    福岡県
ページトップへ戻る