安心して服用する為に知っておきたいプリリジーの副作用と対処法

もくじ

プリリジー60mg 販売価格:¥14,180
商品ページはこちら

プリリジーの副作用

プリリジーを服用すると、以下のような副作用が現れる事があります。

  • 吐き気
  • 下痢
  • 頭痛
  • 眠気
  • 起立性低血圧症
  • 不眠
  • 鼻詰まり
  • 口の渇き

また、稀に以下のような重大な副作用が現れる事があります。

  • 不整脈
  • 失神
  • 意識消失
  • 痙攣発作
  • 自殺念慮
  • セロトニン症候群

これらは滅多に現れることがありませんが、万一、服用後にこれらの副作用が疑われる症状が現れた場合には、直ちに服用を中止して医療機関を受診してください。

参考:プリリジー添付文書

プリリジーの服用時に現れる副作用の対処法

プリリジー服用時の代表的な副作用の対処法について紹介致します。
こちらでご紹介するような対処法を実行しても副作用が消失しないようでしたら、服用を中止したり、医療機関を受診することを検討してください。

下痢症状の対処法

プリリジーなどのSSRI(選択的セロトニン再取り込み阻害剤)と呼ばれる分類に属する薬を服用すると、副作用として下痢などの消化器症状が現れる事があります。

こうした症状は服用初期に現れやすく、通常は服用を続けるうちに軽くなったり治まったりします。

このため、軽度の下痢であればそのまま服用を続けることをお勧めしますが、症状が重い場合には、市販の下痢止めを併用するなどして対処できます。

ただし、下痢止めを併用しても症状が治まらない場合やいつまでも症状が続く場合には、プリリジー服用の中止や医療機関の受診を検討しましょう。

参考:日経メディカル

不眠症状の対処法

プリリジーの服用により不眠の副作用が現れることもありますが、一過性の場合もあるため、しばらくは様子をみても良いでしょう。
そのうえで症状が良くならない場合は、市販の睡眠改善薬(ドリエルなど)を併用する事で対処できます。

不眠症状が強い場合は睡眠薬を併用する事で対処できます。
ただし、睡眠薬は市販薬としては販売していないので、クリニックや病院などの医療機関で処方して貰う必要があります。

その際には医師にプリリジーを服用していることを告げて、適した睡眠薬を処方してもらうと良いでしょう。

ちなみに、プリリジーはアルコールとの併用は禁止されているので、眠れないからといってお酒は飲まないようにしてください。

参考:日本神経精神学会総会
参考:プリリジー添付文書

プリリジー60mg 販売価格:¥14,180
商品ページはこちら
ページトップへ戻る