抗生物質をご自宅に常備して、備えあれば憂い無し

「げほっげほっ」「ごほっいてて・・・」咳こむ会社員の男性2人。部下の女性が心配そうに2人に話しかける。「二人とも大丈夫ですか?最近ずっと変な咳してますよね・・・」「たぶん大丈夫。今のとこ咳しか出てないから」と答える男性。「この企画が終わったらゆっくり病院に行くさ」「近くに夜間診療をしている病院もないしね。自分なりにケアして乗り切るよ」無理をして話す2人。「・・・って言ってたのに・・・」「まじかよ・・・」しかし翌日、ひとりが高熱に見舞われる。「悪いんだけど今日ちょっとおくれていくわ」「熱が出ていて病院で注射、うっ打ってから」激しく咳き込みながら会社に電話する男性。「休めバカ(笑)」と同僚が言う。「はぁ~・・・何やってんだ俺は・・・」「今日はB案のブラッシュアップ・・・あ、C案が上がってくるって・・・」ぐったりと机に突っ伏す男性。 「うおおおおおおおおおおお、結局3日も休んじまったぁー!」「あいつも具合悪かったのに任せっきりになっちゃって・・・倒れてねぇよな!?」慌てて出社する男性。「おはようございます!ごめん!大事なときに休んで!」「企画の進行どうなってる?」「おはようございます順調ですよ」「彼が・・・「あなたが戻るまで踏んばらなきゃ」って!」と部下の女性が男性に話す。同僚男性が元気いっぱいな様子で「おはようございまーす体はもういいの?」と話す。「お前こそ体は大丈夫なのか?病院は夜間はやってないし・・・あ!朝病院行ってから来たのか?」と驚く男性。「病院は行ってないよそんな暇も無かったしね」「俺は昔からよく熱出すからさ通販で抗生物質を買っておいて常備薬として持っているんだ」「自分なりにケア!薬は「病院で処方」してもらうだけじゃないんだぜ」と答える同僚男性。 「昔から熱出してたんならその時の診断書なり処方箋なりがあって買えるんだろう?お前だけの裏ワザじゃん」「いや誰でもOKだよ個人輸入での購入を代行してくれる通販サイトを利用すれば処方箋は必要ないんだ!」パソコンの前で話す2人。「このサイトなんだけど・・・」「うわっ本当だ」「・・・抗生物質は肺炎だけでなく性病や気管支炎など細菌が原因である様々な病気に効果・・・」同僚男性に説明してもらい驚く男性。「通販なら病院の診療日とか仕事の都合とか気にしなくていいし便利だよ」「俺も買っておこうっと」「よーし!これで急な体調不良も安心だな!」と元気いっぱい話す男性。それに対し「だからって無理していい理由にはならないからな」「勘違いしちゃダメですよ!」とあきれる部下と同僚。

マンガで紹介されている、オススメの商品はこちら

漫画でご紹介した通り、抗生物質と聞くと「風邪の時に病院で処方してもらう薬」と皆さんお考えのことと思います。

しかし、仕事の都合であったり家庭の事情であったり、どうしても病院に行けないという事情をお持ちの方もいらっしゃることでしょう。 漫画内でも行っているように、抗生物質は個人輸入という形でインターネットを通じて購入することが可能です。

インターネットを通じて行われる個人輸入は、個人輸入の諸手続き・支払を代行する業者(この場合は通販サイト)を介して行われることが殆どです。 購入者が海外の製薬会社に対し個人的に輸入しなければならない手間を代行して行うことから個人輸入代行と呼ばれています。 インターネットを介して行う取引であれば、仕事の都合や家庭の事情で病院に行けない場合でも抗生物質を購入することが可能であり、病院ではなかなか言い出し難いことですが、置き薬として抗生物質を手元に確保しておくことも可能となります。

ページトップへ戻る