睡眠薬で不眠症の対策は万全

入社して5年目…初めて大きなプロジェクトリーダーに抜擢された一人の男性。上司から「期待してるよ」「は…はいがんばります!」心の中でやったー!と叫んだ男性であった。その後もプレッシャーを感じながらもバリバリプロジェクトをこなしていた男性。ある日の夜の自宅…「プレゼンまであと1ヶ月か…」「あ、あのデータどうなったんだろ、いやもう寝ないと…」そう考えている間に「疲れてるのに眠れないなぁ…」と朝が来てしまった。ある日の会社帰り「最近仕事に集中できない…」「そうだ睡眠導入剤を飲んでみるか…」とドラッグストアで買ってはみたものの、眠れずまた朝を迎えてしまった。 会社内でげっそりしている男性。「鈴木さん大丈夫かな?」と社員がヒソヒソ話をしている。1人の女性社員が「鈴木さんクマがすごいですよ? 寝てないんですか?」「寝たいんだけど眠れなくて…」「あ!睡眠導入剤とか飲んでみたら…」「市販薬なら試してみたけどだめだった」「いえ病院でもらえるんですよ」「大事なプレゼン前に行けないよ、時間ないし病院に行くとカゼうつされたりするしさぁ…」女性社員はスマホを取り出し「通販で買えますよ! 病院で処方してくれるのと同じものが」「え?そうなの?」「このサイトなんですけど…処方箋とかナシで簡単に買えるから、わたしも寝れないときここで買って飲んでます」と説明する女性社員。 男性はスマホを見て「え?これでいいの?」「病院と違って予約とか待ち時間がないからすごく便利ですよ?」「もう買えた…」それから数日後、商品が届き「病院に行かずに病院でもらえる睡眠導入剤がかえるなんてなぁ」服用後夜になり「眠れたらいいなぁ」と思いながら時間が過ぎ、スマホの目覚ましで朝に目が覚めた男性「眠れた~~!」とスッキリした表情。会社内でも「仕事にも集中できる!」「よぉ~し! プレゼン資料も残業しないで間に合いそうだ!」プレゼン後、上司から「鈴木くんプレゼンよかったよ!」「ありがとうございます!」とキラキラした表情の男性。女性社員が「鈴木さん…よかった!」と心の中で安心していた。

マンガで紹介されている、オススメの商品はこちら

睡眠導入剤についてのマンガをご覧頂きありがとうございます。

マンガの中でも主人公が眠れなくなった原因として、過度なストレスや緊張なども一つの原因といわれていますが、一概にそれだけではなく、鬱病やその他の疾患から影響する場合も多くございます。 いずれにしても十分な睡眠が摂れないまま生活を送れば、必ず体に負担が生じ、疲れが抜けない状態が続いてしまい、仕事のミスだけでなく免疫力の低下から何らかの病気などを発症しやすくなってしまいます。

そうならないためにも日頃から適度な睡眠を摂り、健康な生活を手に入れる必要があるため、このような睡眠導入剤・睡眠薬は存在しています。 薬局の市販薬ではいまいち効果を感じられなかった人も、病院での処方薬が購入できる当サイトで是非ご購入になり、お試しになってみてはいかがでしょうか。

ページトップへ戻る