抗アレルギー薬で花粉症を解消

とあるレストラン前で誰かを待っている女性2人。「お待たせ!ごめん遅れたぁ」「その格好どうしたの…」完全武装で来た一人の女性に驚いた女性2人。「私花粉症でこれがないと症状がひどくて外に出られないんだ…」「今日はみんなで集まるっていうからあまり迷惑かけたくないなって思って」そう言う女性の姿を見てイヤ、十分メーワクだわと思う2人だった。 「とりあえず中に入ろう?」と一人の友人が言った。完全武装の女性が着込んだ服を脱ぎ捨てていく「ふ~…暑い暑い」それに対し「ちょっとあんたどんだけ着込んでんのよ!!」とツッコミを入れる。3人は席に座り「それにしても素敵なお店ね~」「景色もいいし彼氏が出来たらデートにも使えるよぉ♪」「…」武装していた女性が立ち上がり、「こんな鼻水と涙がヒドイ状態でデートなんて出来ると思う!?」とスゴイ剣幕。一人の友人が「私も花粉症ひどいけど薬とか飲んでるの?」と聞くと「薬局にあるのは一通り試したんだけど効果なくて、病院も行こうか考えてたけど病院開いている時間に仕事抜けられなくて…」とかなり悩んでいる武装の女性。 「それならザイザルって薬オススメだよ」と1人の友人がカバンから薬を出した。「この薬はここのサイトで24時間いつでも買えるよ」「ええ~通販で買える薬なんてあやしくなーい!?」「大丈夫よ!!!これは病院でも処方されてるから効果もすごくいいの」それを聞いて武装の女性は「ほんとかな…ためしに買ってみようかな」とスマホで注文してみた。後日…「あっ久しぶり」と男性と一緒にいる元武装の女性が1人の友人に声をかけた。「紹介してくれた通販サイトすっごくいいね!」「薬の効果バツグンだったよ」「さっきそこで食事に誘われちゃって」と男と一緒に食事に行く様子。それを見て「あの武装女め!通販サイト紹介すんじゃなかったかな…」と後悔した友人であった。

マンガで紹介されている、オススメの商品はこちら

花粉症は3人に1人が花粉症患者といわれる国民病です。

花粉症の原因となる花粉は主に2月~4月が最も飛散するスギ花粉が有名ですが、その他にも原因となる花粉は様々存在し通年性の花粉症状を発症している方もいます。 花粉症は体内に侵入してた花粉に対し体が異物(抗原)とみなし、対抗するために「抗体」を作ります。

この抗体が体内に花粉が入ってくるたびに増え、一定量を超えると花粉に反応して、ヒスタミンという物質を放出し、知覚神経を刺激します。これにより、くしゃみや鼻水、目の痒みなどが起こります。 漫画でご紹介した「ザイザル」というお薬は、花粉症等のアレルギー性鼻炎による症状(くしゃみ、鼻水、じんま疹、皮膚のカユミ等)を軽減する働きがあり、世界93カ国で使用されているお薬です。

ページトップへ戻る