高血圧症の薬は継続して服用することが大切

とある街中、一人の悲鳴が上がった。そこには倒れている男性、「課長、大丈夫ですかっ!!」「誰か救急車呼んで!」とあたりは騒然とした。救急車に無事運ばれ病院内。医者から「高血圧で動脈が硬化したのが原因と思われます」と説明を受け、続けて「血圧の薬を止めたことで知らないうちにまた血圧が上がったんですね」と再度薬を飲み続けるよう言われる。現在高血圧症は人口の5分の2、4000万人もいる「国民病」と告げられその事実に驚く男性。 そして高血圧症はほとんど症状が無く、放置することによって脳梗塞や心筋梗塞、狭心症などを起こす沈黙の殺し屋「サイレントキラー」と呼ばれていることを告げられ、ひどく衝撃受ける男性に「ほらあなた・・・やっぱり面倒でも薬は飲み続けましょう!」と肩をかるく叩く男性の妻。これには「う・・・うん、そうだな」と、再度自己判断でやめた薬を服用し始めてた。だが、「もう薬がこれだけしかないのか・・・」と毎日の服用により、たちまち無くなる薬に肩を落とす。病院に罹るが、混雑した病院に「この待ち時間が、一番嫌なんだよなぁ」とため息をつく。 男性の職場にて。部下に「大丈夫ですか?調子が悪いんですか?」と男性にコーヒーを差し出される。「身体は心配ないさ、ただ病院での待ち時間と薬代が高くつくんだ」と伝えると、「僕も高血圧の薬を飲んでいますが、通院はしてないですよ」と言われ、「じゃあ薬は?」と疑問を持つ男性。「僕は通院せず通販で薬を買ってるんですよ、パソコンやスマホでいつでも注文が出来ますし診察料がかからない」「まとめ買いで値引きしてくれる」と通販での利点を教えてもらい「ちょ、ちょっとそのサイト教えてくれないか?」と興味をしめす主人公。後日「あれからすぐに頼んで早速使っているよ、お互い高血圧コンビでがんばろう」と部下の方を叩く。「そんなコンビはちょっと・・・」と引き気味で答える部下であった。

マンガで紹介されている、オススメの商品はこちら

漫画でご紹介した通り、高血圧症は一度血圧が下がったからと自己判断で薬の服用をやめてしまうと気付かないうちに血圧が上がり、脳梗塞や心筋梗塞などの合併症を引き起こし兼ねません。

高血圧症はサイレントキラー(沈黙の殺し屋)と呼ばれるほど、油断できない病気です。 その為、高血圧の薬は服用し続ける必要があり、それにかかる薬代や通院時間、診察時間など手間隙がとても大変です。 そんな方におすすめなのがネット通販です。

病院で処方されるお薬が病院の処方箋や医師の診察など一切不要で通販で好きなとき、好きなタイミングでご注文いただけます。 その為、うっかり薬を切らしてしまったり通院が困難という方にも大変人気のサービスです。

ページトップへ戻る