ベタキャップ20mg(インデラルジェネリック)【7シートセット】

  • ベタキャップ20mg(インデラルジェネリック)【7シートセット】の画像
  • ベタキャップ20mg(インデラルジェネリック)【7シートセット】の画像
  • ベタキャップ20mg(インデラルジェネリック)【7シートセット】の画像

写真についての留意点

掲載している写真はイメージです。製薬会社の都合により、実際に届く商品とパッケージ等が異なる場合があります。薬効や品質に差異はありませんのでご安心ください。

  • ベタキャップ20mg(インデラルジェネリック)【7シートセット】のサムネイル画像
  • ベタキャップ20mg(インデラルジェネリック)【7シートセット】のサムネイル画像
  • ベタキャップ20mg(インデラルジェネリック)【7シートセット】のサムネイル画像
ベタキャップ20mg(インデラルジェネリック)【7シートセット】の概要
医薬品分類 ジェネリック医薬品
製薬会社名 サンファーマ
内容量 10錠 × 7シート
口コミ
タグ
お届け予定日 8/23(火) ~ 8/30(火) 前後

申し訳ございません。
ただ今こちらの商品は在庫切れとなっております。
同一カテゴリ、または関連商品から他の商品をお探しください。

関連商品はこちら
ベタキャップ20mg(インデラルジェネリック)【7シートセット】は、インデラルのジェネリックになります。
お得な割引特価で7シートまとめてご購入いただけるこちらの商品は、しっかりと治療を続けていきたい方におすすめです。
ベタキャップ20mgの作用は、交感神経の受容体を遮断して、心臓の拍数を抑え、血圧を下げることによって、心臓の働きを休ませることにあります。
これにより、高血圧、狭心症、不整脈、更には偏頭痛などに効果を発揮します。
それぞれの疾患や年齢に応じた用法、容量が決まっています。
また、経過とともに適宜増減をおこないます。
服用を始めた当初に、だるさやめまいを伴うことが稀にあります。
また、他の薬との飲み合わせにも注意が必要になりますので、医師の診断を受けながら利用することが大切です。
インデラルのジェネリックとして利用されており、その効果効能に差異はありません。
心臓に対する負担の軽減には、日常生活における体重のコントロールなど、有効な取り組みが多くありますので、それらと並行しながらベタキャップ20mgを利用することが、効果を高めることにつながります。
まとめ買い割引
  通常価格 販売価格   1錠 1錠 1シート
ベタキャップ20mg(インデラルジェネリック) ¥1,780 在庫切れ ¥178 ¥178 ¥1,780
ベタキャップ20mg(インデラルジェネリック)【2シートセット】 ¥3,560 ¥2,341 在庫切れ ¥117 ¥117 ¥1,171
ベタキャップ20mg(インデラルジェネリック)【3シートセット】 ¥5,340 ¥2,755 在庫切れ ¥92 ¥92 ¥918
ベタキャップ20mg(インデラルジェネリック)【5シートセット】 ¥8,900 ¥3,420 在庫切れ ¥68 ¥68 ¥684
ベタキャップ20mg(インデラルジェネリック)【7シートセット】 ¥12,460 ¥4,240 在庫切れ ¥61 ¥61 ¥606

ベタキャップ20mg(インデラルジェネリック)【7シートセット】の効果効能

ベタキャップ20mgはプロプラノロール塩酸塩を含むお薬です。
高血圧、不整脈、狭心症などの方に処方されます。
有効成分であるプロプラノロール塩酸塩はベーター・ブロッカーの一種であり交感神経のβ受容体と結合します。
本来、β受容体にはアドレナリンが結合し、末梢血管の拡張や心拍数と心筋収縮力の増加、冠血管拡張などを引き起こします。
プロプラノロール塩酸塩がβ受容体と結合するとこれらの作用を打ち消すため、心拍数や心筋の収縮力を減少させ、血圧が低下します。
このような作用があるためにプロプラノロール塩酸塩を含むベタキャップ20mgは高血圧、不整脈、狭心症などの方に処方されるのです。
なお、プロプラノロール塩酸塩のようなベーター・ブロッカーを長期間継続して服用された方が急に服用を中止すると突然死の恐れがあると言われているため、勝手に服用をやめてはいけません。
また、副作用の可能性もありますので、血圧測定、心電図、レントゲン、血液検査、肝・腎機能検査を定期的に受診する必要があります。

ベタキャップ20mg(インデラルジェネリック)【7シートセット】の使用方法

各疾患ごとに服用量が違いますので十分に注意して服用してください。
片頭痛の予防の場合は、服用は1日20〜30mgから開始してください。症状により60mgまで服用量を増やすことが出来ます。
高血圧症の場合は1日30〜60mgの服用から開始します。症状により120mgまで徐々に服用量を増やしていき、1日3回に分けて服用します。
不整脈、狭心症の場合は1日30mgの服用から開始します。60〜90mgまで徐々に服用量を増やしていき1日3回に分けて服用してください。
薬の量の増減は自己の判断では行わず、医師の判断に従ってください。

ベタキャップ20mg(インデラルジェネリック)【7シートセット】の成分

プロプラノロール

ベタキャップ20mg(インデラルジェネリック)【7シートセット】の副作用

ベタキャップ20mgは、高血圧症や狭心症などの治療に活用されています。
ベタキャップ20mgの作用は、心拍数を増やしたり、血圧の上昇に関与している交感神経の働きを抑制することにあります。
心臓に直接働きかけますので、気管支や体全体の代謝に影響を与えることが少なくなります。
そのため、呼吸器疾患、糖尿病などを患っている場合や、高齢者に対して、体への負担が少ない分、利用のしやすさがあります。
ただ、利用しやすいからといって、自身の抱えている疾患を、医師に報告することなく利用を始めることは、あってはなりません。
どのような状況でも、最初の投与量は少なく抑えたとしても、思わぬ副作用を招くとも限りません。
ベタキャップ20mgは、食後に十分な水分と共に服用します。
副作用として、飲み始めに体がだるくなったり、めまいを感じることがありますが徐々に慣れていくことが多いので心配はほとんどありません。
しかし、なかなか治まらない、症状がひどくなったなどの状態になってしまったらすぐに医師に相談しましょう。
また、アレルギー性の発疹や、涙液の減少などの自覚症状が現れた場合は、すぐに受診をして、医師の診断を仰ぎます。
自己判断で投薬を中止しますと、急激な血圧上昇などを起こすこともありますので、慎重に対処します。

ベタキャップ20mg(インデラルジェネリック)【7シートセット】の関連商品

ベタキャップ20mg(インデラルジェネリック)【7シートセット】の口コミ

  • ベタキャップ20mg(インデラルジェネリック)【7シートセット】-やっと良い薬が見つかった
    やっと良い薬が見つかった
    片頭痛の薬は色々と試してみたけど、ベタキャップが一番効果があった気がします(^_^)/普段はちょっとズキズキ程度だけど、たまに死にたくなるくらい痛くなることもあって…orzつらかったので、やっと良い薬に巡り合えて嬉しいです!
    ★★★★★
    女性イメージアイコン
    兵庫県
  • ベタキャップ20mg(インデラルジェネリック)【7シートセット】-色々と良い
    色々と良い
    元々は病気のために使い始めたけど、心臓が落ち着くということで色々と良いことがあります。なんか落ち着いてるねと言われるようになったのは本当に本当なのか(笑)
    ★★★★★
    男性イメージアイコン
    愛知県
ページトップへ戻る