ベタキャップ10mg(インデラルジェネリック)【7シートセット】

  • ベタキャップ10mg(インデラルジェネリック)【7シートセット】の画像
  • ベタキャップ10mg(インデラルジェネリック)【7シートセット】の画像
  • ベタキャップ10mg(インデラルジェネリック)【7シートセット】の画像

写真についての留意点

掲載している写真はイメージです。製薬会社の都合により、実際に届く商品とパッケージ等が異なる場合があります。薬効や品質に差異はありませんのでご安心ください。

  • ベタキャップ10mg(インデラルジェネリック)【7シートセット】のサムネイル画像
  • ベタキャップ10mg(インデラルジェネリック)【7シートセット】のサムネイル画像
  • ベタキャップ10mg(インデラルジェネリック)【7シートセット】のサムネイル画像
ベタキャップ10mg(インデラルジェネリック)【7シートセット】の概要
医薬品分類 ジェネリック医薬品
製薬会社名 サンファーマ
内容量 10錠 × 7シート
口コミ
タグ
お届け予定日 10/4(火) ~ 10/11(火) 前後

申し訳ございません。
ただ今こちらの商品は在庫切れとなっております。
同一カテゴリ、または関連商品から他の商品をお探しください。

関連商品はこちら
ベタキャップ10mg(インデラルジェネリック)【7シートセット】は高血圧症の治療薬です。
こちらの商品は、7シートのまとめ買いセットとなりますので、1シートあたりの価格がお値引され、大変お安くお買い求めいただけます。
現在の日本において、結核などの感染症のリスクは軽減されていますが、その一方、生活習慣に原因を持つ生活習慣病が日本人の死因の多くを占めています。
高血圧のように単体ではそれほど大きな症状にならなくても、その他の病気を誘発してしまう恐れがあることが高血圧の怖いところです。
他の病気の併発は、定期的な健診を受けていなければ確認できないので、高血圧の症状が発覚した場合にはベタキャップ10mgのような薬による治療が必要です。
ベタキャップ10mgは有名な高血圧治療薬「インデラル」のジェネリック医薬品ですので、比較的安価に入手することができ、高い効果を期待できる点が魅力です。
まとめ買い割引
  通常価格 販売価格   1錠 1錠 1シート
ベタキャップ10mg(インデラルジェネリック) ¥1,173 在庫切れ ¥117 ¥117 ¥1,173
ベタキャップ10mg(インデラルジェネリック)【2シートセット】 ¥2,760 ¥1,815 在庫切れ ¥91 ¥91 ¥908
ベタキャップ10mg(インデラルジェネリック)【3シートセット】 ¥4,140 ¥2,136 在庫切れ ¥71 ¥71 ¥712
ベタキャップ10mg(インデラルジェネリック)【5シートセット】 ¥6,900 ¥2,651 在庫切れ ¥53 ¥53 ¥530
ベタキャップ10mg(インデラルジェネリック)【7シートセット】 ¥9,660 ¥3,287 在庫切れ ¥47 ¥47 ¥470
ベタキャップ10mg(インデラルジェネリック)【12シートセット】 ¥12,703 ¥4,480 在庫切れ ¥37 ¥37 ¥373

ベタキャップ10mg(インデラルジェネリック)【7シートセット】の効果効能

ベタキャップ10mgの成分名はプロプラノロール塩酸塩で、β遮断薬と呼ばれる種類のお薬です。
交感神経のアドレナリン作用性β受容体を遮断することによって、心拍数や血圧や心筋収縮力を低下させ、酸素供給量を軽減させます。
心筋梗塞後の心筋リモデリング(障害を受けた心筋が肥大して修復すること)を抑制する働きもあります。
プロプラノロール塩酸塩は、交感神経の活動性が高まっている若年者の高血圧や労作性狭心症、頻脈性の不整脈や期外収縮、甲状腺機能亢進症(バセドウ病)による頻脈や高血圧などによく使われます。
プロプラノロール塩酸塩をはじめとするβ遮断薬は、糖代謝や脂質代謝に影響を及ぼすことがありますので、糖尿病の人や高脂血症(脂質異常症)の人が服用する時は、定期的に血液検査を行いこれらの数値が上昇していないかチェックしつつ、慎重に使う必要があります。
また、喘息の人には禁忌となっています。
薬は医師の指導の下、用法用量を守って服用してください。

ベタキャップ10mg(インデラルジェネリック)【7シートセット】の使用方法

治療する疾患により服用方法が異なります。ご注意ください。
高血圧症の場合、1日30〜60mgの服用から開始します。効果が十分ではない場合は120mgまで徐々に増量していき、1日3回に分けて服用します。
狭心症や不整脈の場合、1日30mgの服用から開始。十分な効果が得られなかった場合は60mgから90mgまで徐々に増量していき、1日3回に分けて服用します。
片頭痛の予防の場合は服用開始時は1日20mgまたは30mgを2回もしくは3回に分けて服用、症状により60mgまでの増量が可能です。
服用量の増減を行う場合は必ず医師の指示に従って行ってください。

ベタキャップ10mg(インデラルジェネリック)【7シートセット】の成分

プロプラノロール

ベタキャップ10mg(インデラルジェネリック)【7シートセット】の副作用

ベタキャップ10mgの副作用としては、ベタキャップ10mgに対してアレルギー反応などをお持ちの方には、過剰な反応によって肌の炎症やかゆみなどの症状が引き起こされる可能性があります。
また涙の量が少なくなりドライアイなどの症状が出るケースもある他に、睡眠時間の減少や眩暈や胃腸の機能の低下による食欲不振の症状や、精神的な不調に陥る場合もあります。
それ以外にも口腔の炎症や頻尿や疲労、けいれんや血糖値の乱れなどが引き起こされます。
このような状態に陥った場合は直ちに専門の医師などに相談してください。
ベタキャップ10mgの使用上の注意点としては、基本的に食後に水などを使って服用します。
また持病などを患っている方やアレルギー反応をお持ちの方、また両親や兄弟などに薬の拒否反応などをお持ちの方は事前に医師の診断が必要です。
また妊娠している方なども注意が必要で医師に対して適切な説明が必要な場合があります。

ベタキャップ10mg(インデラルジェネリック)【7シートセット】の関連商品

ベタキャップ10mg(インデラルジェネリック)【7シートセット】の口コミ

  • ベタキャップ10mg(インデラルジェネリック)【7シートセット】-偏頭痛に効果
    偏頭痛に効果
    ベタキャップを飲み始めたおかげでいろいろと改善したけど、偏頭痛がなくなったなっていうのを効果として一番強く感じました(^◇^)地味につらい症状が全部消えたので、心底ほっとしています。。。。健康の大切さを実感しますね(泣)
    ★★★★★
    女性イメージアイコン
    神奈川県
  • ベタキャップ10mg(インデラルジェネリック)【7シートセット】-偏頭痛に効果あり
    偏頭痛に効果あり
    偏頭痛に効果ありと聞いて試してみたところ、確かにだいぶ良くなってきました♪( ´θ`)ノお値段もそこそこなので、飲み続けやすいのも良いです☆偏頭痛は我慢するのが当たり前みたいな風潮で辛かったので、やっと助かった気分です。
    ★★★★★
    女性イメージアイコン
    島根県
ページトップへ戻る