テノーミン50mg

  • テノーミン50mgの画像
  • テノーミン50mgの画像
  • テノーミン50mgの画像

写真についての留意点

掲載している写真はイメージです。製薬会社の都合により、実際に届く商品とパッケージ等が異なる場合があります。薬効や品質に差異はありませんのでご安心ください。

  • テノーミン50mgのサムネイル画像
  • テノーミン50mgのサムネイル画像
  • テノーミン50mgのサムネイル画像
テノーミン50mgの概要
医薬品分類 先発医薬品
製薬会社名 アボットラボラトリーズ
内容量 14錠 × 1シート
口コミ
タグ
お届け予定日 10/4(火) ~ 10/11(火) 前後

申し訳ございません。
ただ今こちらの商品は在庫切れとなっております。
同一カテゴリ、または関連商品から他の商品をお探しください。

関連商品はこちら
テノーミン50mg(成分名アテノロール)は、心臓にある交感神経のβ受容体を遮断して心臓の拍動を抑える薬です。
心拍数を抑えることで心臓を休ませることができ、心臓から血管に流れる血液の量が減って血圧が下がります。
高血圧症の治療のほか狭心症や不整脈にも役立つため、これらの症状を治療するためにも用いられます。
テノーミンのような作用を持つβ遮断薬には、β1遮断薬とβ2遮断薬があり、テノーミン50mgはβ1選択制があり、心臓にだけ作用します。
β2選択制が低いので気管支への影響が比較的少なく、吸収や代謝が遅く、直接腎臓から排出されるため半減期が長く持続性があります。
使用方法は、テノーミン50mgを1日1回経口服用とし、年齢や症状に応じて1日100mgまで増やす事が出来ます。
保険外適用になりますが、片頭痛の予防薬として用いられる事もあります。
徐脈を起こしやすくする飲み合わせ(高血圧のジルチアゼム、ベラパミル、心臓の薬のジキタリス)がありますし、緑内障の目薬のなかのβ遮断薬にも注意が必要ですし、糖尿病治療薬の中には低血糖を起こすものもあります。
副作用として血圧が下がったり、めまいを起こす事がります。
定期的に血液検査や心電図査をうけましょう。
まとめ買い割引
  通常価格 販売価格   1錠 1錠 1シート
テノーミン50mg ¥1,513 在庫切れ ¥108 ¥108 ¥1,513
テノーミン50mg【2シートセット】 ¥3,560 ¥2,341 在庫切れ ¥84 ¥84 ¥1,171
テノーミン50mg【3シートセット】 ¥5,340 ¥2,755 在庫切れ ¥66 ¥66 ¥918

テノーミン50mgの効果効能

アテノロールはテノーミン50mgの別名で、血圧を降下させる効能があって、薬の作用によって安定した心臓を動かす効果があります。
効果のメカニズムとして、交感神経にある受容体を落ち着かせる事で、交感神経が上手くコントロールできるようになって、心臓に負担がなくなる事で安定した心臓の鼓動が期待できます。
特に高血圧症を患っている人に関しては、薬の作用による血圧のコントロールで、アテノロールを服用した後に正常の値まで血圧の降下が期待できます。
最近では様々な要因で不整脈になっている人や狭心症で苦しんでいる人に対して、アテノロールという薬で治療が行われています。
狭心症や不整脈で苦しんでいる状態から楽になったり、動悸を出来るだけ少なく抑える薬として効能があります。
軽度から中程度の高血圧になっている場合、アテノロールを服用する事で高血圧による症状が治まる場合が多いです。
血圧の降下の効能の他に、偏頭痛を鎮める効果としてアテノロールが使われる事もあります。

テノーミン50mgの使用方法

心臓発作の治療の場合、1回25mgを1日1回服用します。
様子を見ながら1日の最大摂取量である50mgまで増量ができます。
高血圧症・狭心症の治療の場合、1回50mgを1日1回服用します。
十分な効果が望めない、副作用が許容できる範囲であれば1日の最大摂取量である100mgまで増量することができます。
高齢者が服用する場合は1回25mgの少量から服用開始してください。
錠剤はピルカッターなどの器具を使用すると綺麗に分割することができます。

テノーミン50mgの成分

アテノロール

テノーミン50mgの副作用

テノーミン50mgは血圧を下げる薬で、心臓を休ませる働きがあるので不整脈や狭心症などの病気にも用いられる薬です。
心臓にだけ機能を発揮するように作られており、気管支への影響は少なく、中枢系の副作用は少ないのが特徴です。
副作用としてあげられるのは、体がだるくなったり、めまいを感じることがあります。
長く続くようであれば服用を止め医師に相談しましょう。
また偏頭痛の予防薬として応用される場合には「治療」を目的としたものではないため、保険適用外になります。
テノーミン50mgは心不全や喘息などがある場合は使用できません。
さらに糖尿病患者の場合は低血糖の症状が出やすくなるので、医師に相談のうえ使用する事になります。
また食べ合わせに注意するなど細かいルールがたくさんあり、体内には入らない目薬などを使用する場合もすべて報告する必要があります。
定期的に血液検査や心電図検査を受ける必要がある事、服用中に高い場所や車の運転をする場合には注意しなければいけない事から、十分にカウンセリングの時間をとって患者さんにきちんと説明し、治療を進めてくれる医師であれば安心です。

テノーミン50mgの関連商品

テノーミン50mgの口コミ

  • ちょっと気になってた血圧が下がった
    前々からちょっと高めだった血圧が見事に下がりました。これでいけるうちは受診しなくてもいいかな。。。気になることが解決して良かった。
    ★★★★★
    女性イメージアイコン
    福井県
  • テノーミン50mg-通販って便利!
    通販って便利!
    こんなに早く届くとは思ってませんでした。EDの薬も興味あるんだけど、一緒に飲んでも良いのかな?問題ないなら注文してみます。
    ★★★★
    男性イメージアイコン
    福島県
  • 気分が落ち着く
    血圧が下がったし、気分も落ち着く気がします。普段から血の気が多いので、ちょうどいいかも(笑)もうしばらく飲み続けたいデス。
    ★★★★★
    男性イメージアイコン
    岡山県
ページトップへ戻る