ワイゾロン

  • ワイゾロンの画像
  • ワイゾロンの画像
  • ワイゾロンの画像

写真についての留意点

掲載している写真はイメージです。製薬会社の都合により、実際に届く商品とパッケージ等が異なる場合があります。薬効や品質に差異はありませんのでご安心ください。

  • ワイゾロンのサムネイル画像
  • ワイゾロンのサムネイル画像
  • ワイゾロンのサムネイル画像
ワイゾロンの概要
医薬品分類 ジェネリック医薬品
製薬会社名 ファイザー
内容量 15錠 × 1シート
口コミ
タグ
お届け予定日 8/25(木) ~ 9/1(木) 前後
使用期限 2023年8月 ※注意事項を見る

掲載している消費期限は目安としてご確認ください。
ご購入のタイミングによって使用期限が前後する場合がございます。
掲載している使用期限と必ずしも同じ商品のお届けとなることを保証するものではありませんので予めご了承ください。

もらえるポイント 15 ポイント
販売価格 ¥1,580

ワイゾロンは重度のアレルギー性疾患やリウマチ疾患に用いられるステロイド薬です。
有効成分プレドニゾロンが抗炎症作用、免疫抑制作用、抗アレルギー作用を発揮します。

  • 様々な診療科で用いられる一般的なステロイド薬です。
  • アレルギー性疾患やリウマチ疾患の治療に用いられます。
まとめ買い割引
  通常価格 販売価格   1錠 1錠 1シート
ワイゾロン ¥1,580
カート
¥105 ¥105 ¥1,580
ワイゾロン【2シートセット】 ¥3,160 ¥2,591
カート
¥86 ¥86 ¥1,296
ワイゾロン【3シートセット】 ¥4,740 ¥3,534
カート
¥79 ¥79 ¥1,178
ワイゾロン【5シートセット】 ¥7,900 ¥5,344
カート
¥71 ¥71 ¥1,069
ワイゾロン【7シートセット】 ¥11,060 ¥7,225
カート
¥69 ¥69 ¥1,032

ワイゾロンの効果効能

アレルギー性疾患、リウマチ疾患など炎症や免疫系に関係する症状に対し有効です。

有効成分プレドニゾロンが炎症を鎮めたり、免疫の働きを抑えます。
比較的おだやかに作用するステロイド薬なので、副腎機能への影響も少なくないとされています。

ワイゾロンの使用方法

1日あたり1~12錠(プレドニゾロンとして5~60mg)を、1~4回に分けて服用します。

1回の用量1~12錠(プレドニゾロンとして5~60mg)
1日の服用回数1~4回

ワイゾロンの成分

成分名分量
プレドニゾロン5mg

ワイゾロンの副作用

ワイゾロンを服用すると、以下の副作用が現れる事があります。

主な副作用

  • イライラ感
  • 睡眠障害
  • 消化不良
  • 下痢
  • 吐き気
  • 食欲増進
  • にきび
  • むくみ
  • 生理不順

重篤な副作用

  • 重い感染症
  • 副腎不全
  • 糖尿病
  • 消化管潰瘍
  • 抑うつ
  • 骨粗鬆症
  • 緑内障
  • 白内障
  • 血栓症

使用禁忌

下記に該当する方は使用できません。

  • ワイゾロンの有効成分プレドニゾロンに対し、アレルギー症状を起こした経験のある方
  • 有効な抗菌剤の存在しない感染症または全身の真菌症にかかっている方
  • 最近内臓手術を行った方
  • 急性心筋梗塞を起こしたことのある方
  • 消化性潰瘍のある方
  • 精神病の方
  • 結核性疾患のある方
  • 単純疱疹性角膜炎の方
  • 後嚢白内障の方
  • 緑内障の方
  • 高血圧症の方
  • 電解質異常のある方
  • 血栓症の方

使用注意

以下に該当する方は、使用前に医師に相談して下さい。

  • 未成年の方
  • 高齢者の方
  • 妊婦の方
  • 授乳中の方
  • 感染症にかかっている方
  • 糖尿病の方
  • 骨粗鬆症の方
  • 甲状腺機能が低下している方
  • 脂肪肝の方
  • 脂肪塞栓症の方
  • 重症筋無力症の方
  • B型肝炎ウイルスキャリアの方または感染したことのある方
  • 腎不全の方
  • 肝機能障害のある方
  • 肝硬変の方

併用禁忌

併用すると強い副作用が現れる事があります。

  • デスモプレシン酢酸塩水和物

ワイゾロンの口コミ

  • 痒みが止まります
    花粉症に伴う皮膚の痒みが出て困っていたのですが、このワイゾロンを使うようになり皮膚の痒みがでなくなりました。そして皮膚の痒みなども改善されます。ステロイドなので日光に当たると黒ずむので、夜に塗布して朝はしっかり洗顔するようにしています。
    ★★★★
    男性イメージアイコン
    東京都
  • アトピー性皮膚炎
    アトピー性皮膚炎の治療としてひどい時だけ服用しています。飲むと速やかに炎症が治まり肌がきれいになるので重宝していますが、一方で長期連用すると副腎の動きが低下するという副作用もあるので慎重に使うようにしています。使い方を間違えなければいい薬だと思います。
    ★★★★★
    女性イメージアイコン
    東京都
ページトップへ戻る