セロフロ125mcg(吸入器)

  • セロフロ125mcg(吸入器)の画像
  • セロフロ125mcg(吸入器)の画像
  • セロフロ125mcg(吸入器)の画像
  • セロフロ125mcg(吸入器)の画像

写真についての留意点

掲載している写真はイメージです。製薬会社の都合により、実際に届く商品とパッケージ等が異なる場合があります。薬効や品質に差異はありませんのでご安心ください。

  • セロフロ125mcg(吸入器)のサムネイル画像
  • セロフロ125mcg(吸入器)のサムネイル画像
  • セロフロ125mcg(吸入器)のサムネイル画像
  • セロフロ125mcg(吸入器)のサムネイル画像
セロフロ125mcg(吸入器)の概要
医薬品分類 ジェネリック医薬品
製薬会社名 シプラ
内容量 125mcg × 1箱
口コミ
タグ
お届け予定日 12/17(土) ~ 12/24(土) 前後
使用期限 2024年1月 ※注意事項を見る

掲載している消費期限は目安としてご確認ください。
ご購入のタイミングによって使用期限が前後する場合がございます。
掲載している使用期限と必ずしも同じ商品のお届けとなることを保証するものではありませんので予めご了承ください。

もらえるポイント 27 ポイント
販売価格 ¥2,780
セロフロインヘラー125mcgは、慢性閉塞性肺疾患(COPD)や喘息に使用する抗炎症薬と気管支拡張薬が1つになった医薬品です。世界中で使用されている喘息治療薬アドエアのジェネリック医薬品となっており、症状が重い喘息(軽症持続型以上)に対して使用します。
有効成分としてはサルメテロールキシナホ酸塩とフルチカゾンプロピオン酸エステルの2種類が含まれており、サルメテロールキシナホ酸塩は気管平滑筋の交感神経β2受容体を刺激することで喘息症状により狭窄した気道を拡張して呼吸を楽にする効果があります。フルチカゾンプロピオン酸エステルは副腎皮質ホルモンの働きによって優れた抗炎症作用を発揮し、気道の炎症を抑制することで喘息の発作を起こりづらくします。この2種類の成分の相乗効果によって気道の状態を治療して呼吸機能を改善します。
1度の吸入で12時間効果が持続し、吸入も朝と夜の2回行うだけなので使用しやすくなっており、効果と利便性の高い医薬品となっています。
まとめ買い割引
  通常価格 販売価格   1mcg 1mcg 1箱
セロフロ125mcg(吸入器) ¥2,780
カート
¥22 ¥22 ¥2,780
セロフロ125mcg(吸入器)【2箱セット】 ¥5,560 ¥4,559
カート
¥18 ¥18 ¥2,280
セロフロ125mcg(吸入器)【3箱セット】 ¥8,340 ¥6,218
カート
¥17 ¥17 ¥2,073
セロフロ125mcg(吸入器)【5箱セット】 ¥13,900 ¥9,402
カート
¥15 ¥15 ¥1,880
セロフロ125mcg(吸入器)【7箱セット】 ¥19,460 ¥12,713
カート
¥15 ¥15 ¥1,816

セロフロ125mcg(吸入器)の効果効能

セロフロインヘラー125mcgは、気道の炎症を抑えつつ呼吸を楽にして喘息や慢性閉塞性肺疾患(COPD)を治療する効果効能があります。
セロフロインヘラー125mcgには、有効成分としてサルメテロールキシナホ酸塩とフルチカゾンプロピオン酸エステルが配合されており、この2つの成分が相乗効果を発揮することで高い効果と持続性を発揮するようになっています。サルメテロールキシナホ酸塩はβ2刺激薬となっており、気管平滑筋の交感神経であるβ2受容体を刺激することで気管支を拡張するB2受容体刺激作用があります。しかもサルメテロールキシナホ酸塩は同類の薬剤よりも長くβ2受容体に留まることができることから、1度の服用で長時間効果を発揮することができるようになっています。フルチカゾンプロピオン酸エステルは副腎皮質ホルモンとして強い抗炎症作用があり、気道の炎症をしっかりと抑制して喘息発作を起きづらくするように働きかける効果があります。
軽症持続型以上の辛い喘息症状に対して治療効果を発揮する仕様となっておりますので、予防薬としてセロフロインヘラー125mcgをご活用ください。

セロフロ125mcg(吸入器)の使用方法

セロフロインヘラー125mcgは、薬剤を充填したボンベと吸入器がセットになっています。ボンベを吸入器にセットして、しっかりと振ってから使用します。初めて使用する場合には、2回程度空噴霧を行い、薬剤が吸入口から出ているかどうか確認してください。吸入口そばにはカウンターがついてますので、こちらで噴霧回数をご確認いただけるようになっています。
吸入方法には、口を開けた状態で噴霧して呼吸しながら薬剤を吸入するオープンマウス法と、吸入器を咥えて直接口内に薬剤を噴霧するクローズドマウス法の2種類があります。どちらで吸入するかは医師の指示に従ってください。
吸入後は口内に薬剤が残ります。これをそのままにしておくと副作用の原因となるため、いずれの方法で吸入した場合も吸入後は必ず口内洗浄を行いましょう。口はしっかりとゆすぎ、喉はうがいを行います。歯みがきもできれば、なお良いとされています。

セロフロ125mcg(吸入器)の成分

サルメテロールキシナホ酸塩

セロフロ125mcg(吸入器)の副作用

セロフロインヘラー125mcgの副作用として、指先や手の震え、吐き気、頭痛、喉の痛みや不快感、かすれ声、不整脈、血圧上昇などがあげられます。滅多にありませんが重い副作用としては発熱や咳を伴う肺炎、冷汗、蕁麻疹、全身発赤、息苦しさ、めまい、血圧低下などのショック、アナフィラキシー様症状のほか、筋力低下や便秘、動悸、倦怠感、などの低カリウム血症があります。吸入量が多すぎた場合に副作用が出やすくなるので、吸入量については必ず医師の指示を受けるようにしてください。
また、セロフロインヘラー125mcgの吸入量自体は適正でも、吸入後に口や喉の洗浄を行わなかった場合は、喉の痛みや口腔カンジダ症の副作用症状が出やすくなってしまいます。吸入後に口をゆすいだり、うがい、歯みがきを行うことで喉の痛みや口腔カンジダ症は大抵予防できるとされておりますので、できるだけ行うようにしてください。

セロフロ125mcg(吸入器)の口コミ

  • 嘘みたいに効く
    今の今まで鼻がつまって息もできないくらいだったのが、シュッと一吹きするだけでウソのように症状がなくなります。花粉症薬だけでよくならないという人は併用必至です。私は主に大事な会議の前や、彼女との性行為の前に使ってます。それによっていつも通りのパフォーマンスを発揮することができています。
    ★★★★★
    女性イメージアイコン
    石川県
  • ぜんそく持ちの必需品
    こちらの吸入剤はぜんそく持ちの必需品です。ないと死に直結してしまうので絶対に切らすわけにはいきません。病院からも処方してもらっていますが、切らしてしまうことが怖いのでこちらかも購入してストックしています。効き目は病院から処方されるものと全く一緒です。
    ★★★★★
    男性イメージアイコン
    埼玉県
  • 喘息改善
    20年喫煙していたせいで喘息が益々悪化。寝つきも年々悪くなってきていました。でも朝起きてから1回、寝る前に1回使うようになってから喘息も治まってきてよく眠れるようになりました。
    ★★★★★
    男性イメージアイコン
    栃木県
ページトップへ戻る