セロフロ250mcg(吸入器)

  • セロフロ250mcg(吸入器)の画像
  • セロフロ250mcg(吸入器)の画像
  • セロフロ250mcg(吸入器)の画像
  • セロフロ250mcg(吸入器)の画像

写真についての留意点

掲載している写真はイメージです。製薬会社の都合により、実際に届く商品とパッケージ等が異なる場合があります。薬効や品質に差異はありませんのでご安心ください。

  • セロフロ250mcg(吸入器)のサムネイル画像
  • セロフロ250mcg(吸入器)のサムネイル画像
  • セロフロ250mcg(吸入器)のサムネイル画像
  • セロフロ250mcg(吸入器)のサムネイル画像
セロフロ250mcg(吸入器)の概要
医薬品分類 ジェネリック医薬品
製薬会社名 シプラ
内容量 250mcg × 1箱
口コミ
タグ
お届け予定日 12/17(土) ~ 12/24(土) 前後
使用期限 2024年3月 ※注意事項を見る

掲載している消費期限は目安としてご確認ください。
ご購入のタイミングによって使用期限が前後する場合がございます。
掲載している使用期限と必ずしも同じ商品のお届けとなることを保証するものではありませんので予めご了承ください。

もらえるポイント 30 ポイント
販売価格 ¥3,080
セロフロ250mcgは喘息、慢性閉塞性肺疾患の人に適用の吸入剤で、日本では先発薬品としてアドエアが医療機関の処方で入手することができます。
セロフロ250mcgには、重要な成分が2種類入っており、有効成分としてフルチカゾンとサルメテロールが含有されております。
フルチカゾンは副腎皮質ホルモン薬で、強い抗炎症作用を持っており、喘息、慢性閉塞性肺疾患などに効果があり炎症を取り除き、症状を出にくくします。
サルメテロールはβ2刺激薬で、気道を広げ、空気の通りをよくする作用を持っています。
β2刺激薬は、他にも種類がありますが、サルメテロールは特に効能持続時間が長いとされています。
この薬は、発作に対して効果を発揮するタイプのお薬ではなく、毎日決まった用法用量で使用することにより、症状、息苦しさを防止する薬ですので症状が出て苦しくなったから使うのではなく、症状を感じなくても使い続けることが重要です。
まとめ買い割引
  通常価格 販売価格   1mcg 1mcg 1箱
セロフロ250mcg(吸入器) ¥3,080
カート
¥12 ¥12 ¥3,080
セロフロ250mcg(吸入器)【2箱セット】 ¥6,160 ¥5,051
カート
¥10 ¥10 ¥2,526
セロフロ250mcg(吸入器)【3箱セット】 ¥9,240 ¥6,889
カート
¥9 ¥9 ¥2,296
セロフロ250mcg(吸入器)【5箱セット】 ¥15,400 ¥10,417
カート
¥8 ¥8 ¥2,083
セロフロ250mcg(吸入器)【7箱セット】 ¥21,560 ¥14,085
カート
¥8 ¥8 ¥2,012

セロフロ250mcg(吸入器)の効果効能

セロフロ250mcgはアドエアの後発医薬品で、吸入器を用いた気管支喘息の治療薬です。12時間おきに1日2回吸入を行うことで、喘息の発作状態になることを防ぐとともに炎症を鎮める効果があります。
この薬は、サルメテロールとフルチカゾンを主成分としています。説明書などに書かれている作用は、抗炎症作用とB2受容体刺激作用です。抗炎症作用は文字通り、炎症を抑えるものです。B2受容体刺激作用とは、交感神経に働き、アドレナリン受容体に作用させるものです。アドレナリン受容体が薬の影響を受け、作動すると、平滑筋を弛緩させます。平滑筋が弛緩されると、気管支に対しては拡張が起こります。気道を広げることで呼吸が楽になるというわけです。呼吸が楽になるということは、発作状態を防ぐことにつながります。
この効果効能からセロフロ250mcgは、気管支喘息の治療薬の側面と予防薬としての側面を持つことがわかります。発作が起きないからといって、勝手に使用をやめるのではなく、医師の指示に従い、正しく使用することで予防効果が発揮されます。

セロフロ250mcg(吸入器)の使用方法

セロフロ250mcgは吸入器による治療薬で、使用方法は吸入器を垂直にして持ち、正方形型の穴の中に薬剤を奥まで差し込み、吸入器の上部にあるマウスピースを持ち、底部分を錠剤が粉末状態になるまで回します。
次に、息を深く吐いたらマウスピースを口の中に入れ、一気に勢いよく息を吸い込んだ後、マウスピースを口から離して10秒間息を止め、うがいを行い口の中を洗い流します。
これを1セットとして朝と晩の1日2回行うようにし、1回使用したら12時間以上空けるようにし、症状が出ていない場合でも最後まで使用する事によって発作などを予防する効果があります。
また、症状や体質などによって使用する回数が変わる場合があるので、事前に医師に相談をしてから使用するようにします。

セロフロ250mcg(吸入器)の成分

サルメテロールキシナホ酸塩

セロフロ250mcg(吸入器)の副作用

セロフロ250mcgの投与による副作用としては、声がかすれる、のどがいがらっぽいといった、口腔内における症状が典型的といえます。ほかに、口腔カンジダ症といって、口の粘膜に白いカビが生えてしまうこともあります。これらは口内のうがいを徹底することである程度は予防することが可能です。また、全身にわたる症状としては、動悸、不整脈、頭痛、吐き気、ふるえなどがあり、使用する量が多すぎた場合に発現しやすい副作用ですので、決められた用量はしっかりと守ることがたいせつです。めったには起きないとされていますが、場合によっては、筋力の低下、体のだるさ、冷汗をかいたり顔面蒼白になる、皮膚が赤くなったり発疹ができる、意識がなくなるといった症状がみられることがあります。これらは低カリウム血症や薬剤アレルギーなどの重大な副作用の初期症状のおそれがありますので、ただちに医師の診察を受けることが必要です。

セロフロ250mcg(吸入器)の口コミ

  • ヤバいくらい効く
    初めて使ったのですがヤバいくらいよく効きますね。咳が止まらない時に使用しているのですが、一撃必殺という感じで聞いてくれます。ブロン液を使用していたのですが比じゃないですね。風邪の時期は重宝しそうなのでストックしておこうと思います。
    ★★★★★
    女性イメージアイコン
    埼玉県
  • 利用してます
    病院で処方されている薬です。普段の処方で問題なかったのですが、コロナ禍でちょっと病院に行きたくない…という時も出てきて、そんな時にこちらのサイトを利用しています。注文から10日くらいかかりますが、予め注文しておけば問題ありません。
    ★★★★★
    男性イメージアイコン
    大阪府
  • 田舎者でも安心♪
    田舎住まいで近くに病院がなく、発作が起きた時はとても困っていましたが、これを買って毎日不安ストレスなく過ごせています。素晴らしい商品の提供ありがとうございました。
    ★★★★★
    男性イメージアイコン
    新潟県
ページトップへ戻る