ラミトールOD錠100mg(ラミクタールジェネリック)

  • ラミトールOD錠100mg(ラミクタールジェネリック)の画像
  • ラミトールOD錠100mg(ラミクタールジェネリック)の画像
  • ラミトールOD錠100mg(ラミクタールジェネリック)の画像
  • ラミトールOD錠100mg(ラミクタールジェネリック)の画像

写真についての留意点

掲載している写真はイメージです。製薬会社の都合により、実際に届く商品とパッケージ等が異なる場合があります。薬効や品質に差異はありませんのでご安心ください。

  • ラミトールOD錠100mg(ラミクタールジェネリック)のサムネイル画像
  • ラミトールOD錠100mg(ラミクタールジェネリック)のサムネイル画像
  • ラミトールOD錠100mg(ラミクタールジェネリック)のサムネイル画像
  • ラミトールOD錠100mg(ラミクタールジェネリック)のサムネイル画像
ラミトールOD錠100mg(ラミクタールジェネリック)の概要
医薬品分類 ジェネリック医薬品
製薬会社名 トレントファーマ
内容量 100錠 × 1箱
口コミ
タグ
お届け予定日 7/9(土) ~ 7/16(土) 前後

申し訳ございません。
ただ今こちらの商品は在庫切れとなっております。
同一カテゴリ、または関連商品から他の商品をお探しください。

関連商品はこちら
ラミトールOD錠100mg(ラミクタールジェネリック)はてんかん発作を予防すると共に、躁うつ病の維持療法に使用する薬剤です。
てんかんは脳の一部から興奮が始まる部分発作と、脳全体で発作が起きる全般発作があります。
この薬は脳神経の興奮を抑え、部分発作と全般発作のうちの大発作と言われる強直間代発作、レノックス・ガストー症候群における全般発作に効力があります。
単剤療法として用いる事もありますが、効力を高める為に他のてんかん薬と併用する事もあります。
そして躁うつ病に関しては、気分の浮き沈みを抑える事で双極性障害における、躁や欝の再発を防ぎます。
ラミトールOD錠100mgを服用するにあたり注意する事として肝機能が悪い人は解毒作用も遅い為、薬効が消えるのが遅いです。
その為、服用量や服用間隔に対して配慮が必要です。
また他のてんかん薬でアレルギー症状がでた場合も、発疹等の出現に注意しましょう。
他に薬剤を使用している場合も、相互作用が出やすくなる為、服用している薬剤がある場合は医師に相談して下さい。
医師から指示された用法、用量は必ず守り、症状が落ち着いたからと自己判断で減量したり中止したりしないようにして下さい。

ラミトールOD錠100mg(ラミクタールジェネリック)の効果効能

ラミトールOD錠100mg(ラミクタールジェネリック)は、主にてんかん発作を予防する薬です。
躁うつ病の維持療法にも用いられています。
てんかんとは脳の神経の電気信号が過剰に発信されるために、意識障害やけいれん発作を繰り返してしまう病気で、そんな時に脳神経の興奮を抑えてくれる作用があって、部分発作にも全般発作のどちらにも適用されます。
効果を高めるために、他の抗てんかん薬と併用することもできます。
調整や治療が困難と言われている子どもに発症するレノックス・ガストー症候群にも効果があります。
他には、躁とうつを繰り返して気分の浮き沈みが激しくなる双極性障害と呼ばれる躁うつ病にも処方されていて、気分の浮き沈みを防いで躁うつ症状の再発や再燃を防いでくれる作用があります。
服用量には個人差がありますし副作用が出る場合もあるので、必ず定期的に医師の診察を受けて飲む量や回数をきちんと理解しておく必要があります。

ラミトールOD錠100mg(ラミクタールジェネリック)の使用方法

現在、併用されているお薬が無い場合のラミトールOD錠100mgの使用方法
成人は服用開始の2週間は1日1回25mgを経口服用し、次の2週間は1日50mgを1〜2回に分けて経口服用してください。
5週目からは1日100mgを1〜2回に分けて服用となり、6週目以降は維持用量として1日200mgを1〜2回を服用してください。
症状に応じてお薬の増減はされますが、増量される場合には1週間以上あけてから開始してください。また、1日の最大服用量としては400mgまでとなっています。
併用薬がある場合は、ラミトールOD錠50mgを使用される前に医師にご相談ください。

ラミトールOD錠100mg(ラミクタールジェネリック)の成分

ラモトリギン

ラミトールOD錠100mg(ラミクタールジェネリック)の副作用

ラミトールOD錠100mg(ラミクタールジェネリック)の主な副作用は、傾眠(意識がぼんやりする)や頭痛、胃腸障害、発疹などが報告されています。
眠気を催す事もありますので、注意力、集中力、反射運動能力が低下する事がありますので、車の運転など危険な作業は避ける必要があります。
肝臓の悪い人は薬の排泄が遅れがちになります。
その為、使用量や服用間隔に配慮が必要となります。
発疹や発赤、唇や口内のただれ、喉の痛み、目の充血など皮膚や粘膜に異常があらわれた場合は重い皮膚障害へ発展する事がありますので、すぐに医師に相談する必要があります。
また、ラミトールOD錠100mgは色々な薬と相互作用を起こしやすい性質が含まれていますので、飲み合わせを確認するために、使用中の薬を必ず医師に報告する必要があります。
ラミトールOD錠100mgは自分の判断で急に服用を中止すると、反動で重い発作を起こしてしまう恐れがあります。
用法用量を守り、規則正しく服用する必要があります。

ラミトールOD錠100mg(ラミクタールジェネリック)の口コミ

  • 無性に元気が出ない時
    無性に元気が出ない日とかに飲むと良くなります。鬱なのかな…これが効かなくなったら病院に行こうと思うけど、しばらく大丈夫そう。
    ★★★★★
    男性イメージアイコン
    山梨県
  • うつになったっぽい
    典型的なうつ病になりやすい性格で、病院には行ってないけどもうなっちゃったと思ったので購入しました。確かにちょっと元気が出たような気がします。
    ★★★★
    男性イメージアイコン
    福岡県
  • 朝の気分が楽になりました
    最近、出勤前にちょっと鬱気味になることが多くて、このままひどくなる前にと思って飲み始めました。効果があったのか安定して良かったです。
    ★★★
    男性イメージアイコン
    山形県
ページトップへ戻る