カルバトールCR300mg(テグレトールジェネリック)

  • カルバトールCR300mg(テグレトールジェネリック)の画像
  • カルバトールCR300mg(テグレトールジェネリック)の画像
  • カルバトールCR300mg(テグレトールジェネリック)の画像
  • カルバトールCR300mg(テグレトールジェネリック)の画像

写真についての留意点

掲載している写真はイメージです。製薬会社の都合により、実際に届く商品とパッケージ等が異なる場合があります。薬効や品質に差異はありませんのでご安心ください。

  • カルバトールCR300mg(テグレトールジェネリック)のサムネイル画像
  • カルバトールCR300mg(テグレトールジェネリック)のサムネイル画像
  • カルバトールCR300mg(テグレトールジェネリック)のサムネイル画像
  • カルバトールCR300mg(テグレトールジェネリック)のサムネイル画像
カルバトールCR300mg(テグレトールジェネリック)の概要
医薬品分類 ジェネリック医薬品
製薬会社名 トレントファーマ
内容量 100錠 × 1箱
口コミ
タグ
お届け予定日 7/3(日) ~ 7/10(日) 前後

申し訳ございません。
ただ今こちらの商品は在庫切れとなっております。
同一カテゴリ、または関連商品から他の商品をお探しください。

関連商品はこちら
てんかんは日常生活に大きな影響を及ぼす症状です。
てんかんの発作は、脳の電気信号が異常を起こすことによって発生し、その間は意識障害などが起きます。
そのため、自動車の運転などに制限が課せられます。
こうしたてんかんの症状の治療薬としてカルバトールCR300mg(テグレトールジェネリック)というものがあります。
カルバトールCR300mgは、カルバマゼピンを有効成分とする薬で、効果的にてんかんの治療を行います。
また、抗てんかん薬以外でも広く使用できます。
抗てんかん薬でありながらも、緊張や興奮状態を抑えてくれる作用がある為、躁うつ病や三又神経痛、認知症などの精神疾患の改善にも使用する事ができる万能薬です。
カルバトールCR300mgは、成人で1回1〜2錠を1日2回または1回2〜4錠を1日1回服用します。
カルバトールCR300mgの副作用として、食欲不振、蕁麻疹、幻覚やめまい、吐き気、眠気などがあります。
このような症状が現れた場合はすぐ医師に相談しましょう。

カルバトールCR300mg(テグレトールジェネリック)の効果効能

カルバトールCR300mg(テグレトールジェネリック)は、三環系の抗うつ薬、抗てんかん薬で、主成分はカルバマゼピンです。
カルバマゼピンは、三叉神経痛の薬として長く使用されてきましたが、双極性障害の薬としても使用されるようになりました。
カルバマゼピンには、脳神経の過剰な反応を身体に伝える膜活動電位の立ち上がりを阻害し、神経細胞の複雑部分発作に効果があります。
脳神経の興奮を鎮める働きによって、てんかんの発作を予防したり、双極性障害、三叉神経痛の治療改善に有効です。
気分の高ぶりを抑えて落ち着かせるので、不安や緊張、興奮状態を鎮める目的でも使用されます。
認知症の周辺症状、特に抗精神病薬に反応しない精神症状や焦燥性興奮に有効という報告もあります。
始めは1日2回に分けて服用し、徐々に量を増やしていきます。
カルバマゼピンには即効性がなく、効き始めるまで1週間から数週間かかるとされているため、服用し始めたら医師が使用中止を許可するまで、飲み続ける必要があります。

カルバトールCR300mg(テグレトールジェネリック)の使用方法

カルバトールCR300mgはてんかん発作の治療、躁鬱や三叉神経痛の治療にも用いられるお薬となっています。
使用方法としては症状などによって異なりますので、必ず使用される前に医師の指示に従ってください。
てんかん・躁鬱治療の場合、成人は1日100mg〜200mgを1日2回服用してください。また症状によって適宜増減しますが、必ず医師に指示された用量で服用してください。
叉神経痛の治療の場合、成人は1日200mg〜400mgから開始してください。1日の最高服用量は800mgまでとなっていますので、必ず守ってください。
自己判断でお薬の服用を中断してしまうと、症状が悪化してしまうことがありますので、必ず医師の指示に従って使用してください。
詳しいお薬の情報等は医師または薬剤師にご相談ください。

カルバトールCR300mg(テグレトールジェネリック)の成分

カルバマゼピン

カルバトールCR300mg(テグレトールジェネリック)の副作用

カルバトールCR300mg(テグレトールジェネリック)はてんかんに伴う大発作や精神運動発作などを抑えるために使用する薬で、脳神経や末梢神経細胞にあるNaチャネルの働きを遮断する事で脳内の電位の立ちあがりを阻止して症状を出にくくしています。
てんかんの他には三叉神経痛や躁うつ病の治療にも使われていますが、即効性はないため飲み続ける事で緩やかに効いていきます。
眠気やめまい、倦怠感、頭痛など多くの副作用があります。
また、発疹や皮膚障害を生じる場合もありますが大きな副作用につながることは少ないです。
しかし、てんかん発作などを抑えるために飲まれている場合、自己判断によって薬の服用を中断してしまうと症状の悪化につながることもありますので、しっかりと医師の指示に従い内服することが重要になります。

カルバトールCR300mg(テグレトールジェネリック)の口コミ

該当する口コミはありません

ページトップへ戻る