ストーバース10mg(リピトールジェネリック)

  • ストーバース10mg(リピトールジェネリック)の画像
  • ストーバース10mg(リピトールジェネリック)の画像
  • ストーバース10mg(リピトールジェネリック)の画像

写真についての留意点

掲載している写真はイメージです。製薬会社の都合により、実際に届く商品とパッケージ等が異なる場合があります。薬効や品質に差異はありませんのでご安心ください。

  • ストーバース10mg(リピトールジェネリック)のサムネイル画像
  • ストーバース10mg(リピトールジェネリック)のサムネイル画像
  • ストーバース10mg(リピトールジェネリック)のサムネイル画像
ストーバース10mg(リピトールジェネリック)の概要
医薬品分類 ジェネリック医薬品
製薬会社名 サンファーマ
内容量 15錠 × 1シート
口コミ
タグ
お届け予定日 12/10(土) ~ 12/17(土) 前後
使用期限 2024年10月 ※注意事項を見る

掲載している消費期限は目安としてご確認ください。
ご購入のタイミングによって使用期限が前後する場合がございます。
掲載している使用期限と必ずしも同じ商品のお届けとなることを保証するものではありませんので予めご了承ください。

もらえるポイント 14 ポイント
販売価格 ¥1,480
ストーバースは高コレステロール血症や高脂血症をはじめとする脂質異常症に効果があるリピトールのジェネリック医薬品です。
ストーバースの有効成分が肝臓のコレステロール生合成を抑制し、コレステロール値を低下させてくれます。
リピトールに比べお値段が非常に安いので、脂質異常症のように長期治療が必要な生活習慣病患者の方の医療費削減にオススメです。
まとめ買い割引
  通常価格 販売価格   1錠 1錠 1シート
ストーバース10mg(リピトールジェネリック) ¥1,480
カート
¥99 ¥99 ¥1,480
ストーバース10mg(リピトールジェネリック)【2シートセット】 ¥2,960 ¥2,427
カート
¥81 ¥81 ¥1,214
ストーバース10mg(リピトールジェネリック)【3シートセット】 ¥4,440 ¥3,310
カート
¥74 ¥74 ¥1,103
ストーバース10mg(リピトールジェネリック)【5シートセット】 ¥7,400 ¥5,005
カート
¥67 ¥67 ¥1,001
ストーバース10mg(リピトールジェネリック)【7シートセット】 ¥10,360 ¥6,768
カート
¥64 ¥64 ¥967

ストーバース10mg(リピトールジェネリック)の効果効能

ストーバースを服用すると、有効成分であるアトルバスタチンカルシウム水和物が肝臓に働きかけ、コレステロールの生合成を抑制します。
コレステロールの生合成量が減ることにより、血中のコレステロール値が低下します。
高コレステロール血症の状態が長く続くと、動脈硬化や狭心症、心筋梗塞の原因となります。
将来発症する可能性のある、これらの命に関わる病気の予防をすることが出来ます。
既に狭心症や心筋梗塞にかかったことがある人は、ストーバースを服用する事で再発防止にも繋がります。

ストーバース10mg(リピトールジェネリック)の使用方法

・高コレステロール血症の方
10mgを1日1回服用して下さい。
症状の重さや年齢によって服用量の増量、減量します。
コレステロール値の低下が見られない、重い症状の場合には1日20mgまで増量する事が出来ます。

・家族性高コレステロール血症の方
10mgを1日1回服用して下さい。
症状の重さや年齢によって服用量は増減します。
10mgではコレステロール値の低下が見られない場合には、1日40mgまで増量する事が出来ます。

ストーバース10mg(リピトールジェネリック)の成分

アトルバスタチンカルシウム水和物

ストーバース10mg(リピトールジェネリック)の副作用

ストーバースを服用すると、稀に以下の副作用が現れることがあります。

・横紋筋融解症
骨格筋細胞が溶け、溶けた成分が腎臓に大きな負担をかけます。
・免疫介在性壊死性ミオパチー
筋肉の痛み、歩行困難、尿の変色(赤褐色)が特徴の重篤な副作用です。
・中毒性表皮壊死融解症
肌の発赤や紅斑、粘膜異常などが特徴の重篤な副作用です。
・高血糖、糖尿病
口渇、 頻尿、全身倦怠感が特徴の病気です。
定期検査を行うなどの観察する必要があります。
・間質性肺炎
発熱、咳嗽、呼吸困難などの症状が現れた場合には病院で適切な処置を受けましょう。
・肝機能障害
肝炎や、黄疸などの症状が現れる可能性があります。
・過敏症
血管神経性浮腫、アナフィラキシー反応、蕁麻疹などの過敏症状が現れる可能性があります。
・無顆粒球症、汎血球減少症、血小板減少症
検査を行い、これらの病名を診断された場合や症状が出た場合には投与を中断しましょう。

ストーバースの併用禁忌薬


ストーバースと以下の医薬品を併用することにより、有効成分の血中濃度が上昇し重い副作用が現れる可能性があるため、併用が禁止されています。

・テラプレビル
・オムビタスビル、パリタプレビル、リトナビル

ストーバースの原則併用禁忌薬


高脂血症治療薬のフィブラート系医薬品とストーバースを併用すると、横紋筋融解症が発現しやすいと言われている為、併用は原則禁止されています。

ストーバースの併用注意薬


ストーバースを以下の医薬品を併用すると、副作用が現れる可能性が高くなります。

・ベキサロテン
ストーバースの有効成分のAUCが約50%低下したとの報告があります。
・エファビレンツ、リファンピシン
ストーバースの有効成分の血漿中薬物濃度が低下したとの報告があります。
・グレープフルーツジュース
ストーバースの有効成分のAUCが2.5倍に上昇したとの報告があります。
・HIVプロテアーゼ阻害剤
ストーバースの有効成分のAUCが1.7倍に上昇したとの報告があります。
・経口避妊薬
ノルエチンドロン(ピルの成分)に血漿中濃度上昇が報告されています。
・ジゴキシン
ジゴキシンの血漿中濃度が報告されています。
・陰イオン交換樹脂(レジン)
ストーバースの有効成分のAUCが約25%低下したとの報告があります。
・クラリスロマイシン、グラゾプレビル
本剤の血漿中薬物濃度の有意な上昇が報告されています。
・フィブラート系薬剤、ニコチン酸製剤
急激な腎機能悪化を伴う横紋筋融解症が発現しやすいとの報告があります。
・免疫抑制剤、アゾール系抗真菌薬
血中及び尿中に含まれるミオグロビンが増え、腎機能が悪化する可能性があります。

ストーバース10mg(リピトールジェネリック)の口コミ

  • 今度はED薬
    このストーバースがめっちゃいい薬だったので、今後はED薬に手を出そうかなと思ってます。初めて利用するサイトだったので正直不安だったのですが、全く問題ないことが分かったので、他の薬も物色してみようと思ってます。色々あるのでなんか楽しいですね。
    ★★★★★
    男性イメージアイコン
    東京都
  • ストーバース10mg(リピトールジェネリック)-ストレスは怖い
    ストレスは怖い
    去年一年ずっとストレスに苦しんでました。そのせいか、健康診断の結果がひどいことに。。コレステロールと中性脂肪が高く、更に胆のうポリープまで…。慌てて改善のためにこちらの薬を飲み始めました。ストレスって本当に怖いですね。。
    ★★★★★
    女性イメージアイコン
    愛知県
  • ストーバース10mg(リピトールジェネリック)-ストイックは苦手
    ストイックは苦手
    ストイックに絶食や筋トレするなどのダイエットは苦手です。そんな私が選んだ方法はこのストバースを服用するという方法。いつもの食事に薬を飲むだけなのでめっちゃ楽です。まだ効果は出ていませんが、楽なので続けられそうです。価格も安いので助かってます。
    ★★★★★
    女性イメージアイコン
    愛媛県
ページトップへ戻る