リピトール10mg【2箱セット】

  • リピトール10mg【2箱セット】の画像
  • リピトール10mg【2箱セット】の画像
  • リピトール10mg【2箱セット】の画像
  • リピトール10mg【2箱セット】の画像

写真についての留意点

掲載している写真はイメージです。製薬会社の都合により、実際に届く商品とパッケージ等が異なる場合があります。薬効や品質に差異はありませんのでご安心ください。

  • リピトール10mg【2箱セット】のサムネイル画像
  • リピトール10mg【2箱セット】のサムネイル画像
  • リピトール10mg【2箱セット】のサムネイル画像
  • リピトール10mg【2箱セット】のサムネイル画像
リピトール10mg【2箱セット】の概要
医薬品分類 先発医薬品
製薬会社名 ファイザー
内容量 30錠 × 2箱
口コミ
タグ
お届け予定日 10/5(水) ~ 10/12(水) 前後
使用期限 2024年4月 ※注意事項を見る

掲載している消費期限は目安としてご確認ください。
ご購入のタイミングによって使用期限が前後する場合がございます。
掲載している使用期限と必ずしも同じ商品のお届けとなることを保証するものではありませんので予めご了承ください。

もらえるポイント 61 ポイント
販売価格 ¥6,199
リピトール10mg【2箱セット】です。1度リピトールを服用したことがある人で、もう少し服用を続けたいという人にお勧めです。
1箱を2回購入するよりも、当商品を購入した方が費用を抑えることが出来ます。
リピトールは、コレステロール値を低下させるお薬です。
生活習慣病の1種である脂質異常症(高コレステロール血症、高脂血症)に効果があります。
コレステロールは肝臓で合成されており、リピトールの有効成分である「アトルバスタチンカルシウム水和物」が肝臓に作用しコレステロールの合成を抑えることが出来ます。
コレステロール合成を抑制することで、血中のコレステロール値を下げることが出来ます。
狭心症、心筋梗塞などの命に関わる病気を予防することが出来ます。

高齢の方は副作用が現れやすい為、注意して使用して下さい。
妊婦の方は胎児に悪影響が出る可能性があるため、使用しないでください。
まとめ買い割引
  通常価格 販売価格   1錠 1錠 1箱
リピトール10mg ¥3,213
カート
¥107 ¥107 ¥3,213
リピトール10mg【2箱セット】 ¥7,560 ¥6,199
カート
¥103 ¥103 ¥3,100
リピトール10mg【3箱セット】 ¥11,340 ¥8,455
カート
¥94 ¥94 ¥2,818
リピトール10mg【5箱セット】 ¥18,900 ¥12,784
カート
¥85 ¥85 ¥2,557
リピトール10mg【7箱セット】 ¥26,460 ¥17,286
カート
¥82 ¥82 ¥2,469

リピトール10mg【2箱セット】の効果効能

リピトールの有効成分「アトルバスタチンカルシウム水和物」が肝臓に作用し、コレステロールの合成を抑制します。
悪玉コレステロールが減少し、善玉コレステロールが増加するため動脈硬化を予防することが出来ます。
リピトールの国内治験結果は以下の通りです。

総コレステロール値が平均30%低下。
悪玉コレステロール値が平均41%低下。

リピトール10mg【2箱セット】の使用方法

・高コレステロール血症の成人
1日1回10mgを服用して下さい。
年齢や症状の重さによって服用量の増量、減量します。
重い症状の場合には1日20mgまで増量が出来ます。

・家族性高コレステロール血症の成人
1日1回10mgを服用して下さい。
年齢や症状の重さによって服用量の増量、減量します。
重い症状の場合には1日40mgまで増量が出来ます。

リピトール10mg【2箱セット】の成分

アトルバスタチンカルシウム水和物

リピトール10mg【2箱セット】の副作用

リピトールを服用すると、稀に以下の副作用が現れることがあります。

・横紋筋融解症
骨格筋細胞が溶け血液に溶けた成分が流れ込む病気です。
・免疫介在性壊死性ミオパチー
筋肉痛、歩行困難、赤褐色の尿が特徴の副作用です。
・肝機能障害
肝炎や、皮膚や白目が黄色になる黄疸などの症状が現れる可能性があります。
・過敏症
血管神経性浮腫、アナフィラキシー反応、蕁麻疹などの過敏症状が現れる可能性があります。
・無顆粒球症、汎血球減少症、血小板減少症
定期検査を行い、これらの病名を診断された場合や症状が出た場合には投与を中断しましょう。
・中毒性表皮壊死融解症
発赤や紅斑、粘膜異常などが現れた報告があるので注意してください。
・高血糖、糖尿病
口渇、 頻尿、全身倦怠感が感じられた時にはこれらの病気を疑う必要があります。
・間質性肺炎
発熱、咳嗽、呼吸困難などの症状が現れた場合にはホルモン剤を使った処置が必要になります。

リピトールの併用禁忌薬


以下の医薬品とリピトールを併用してはいけません。
・テラプレビル
・オムビタスビル・ パリタプレビ ル・リトナビル

リピトールの血中濃度が上昇し、重い副作用が現れる可能性があります。

リピトールの原則併用禁忌薬


以下の医薬品とリピトールは原則併用してはいけません。

・フィブラート系薬剤
腎臓の機能悪化を伴う横紋筋融解症が発現しやすいと言われています。

リピトールの併用注意薬


・経口避妊薬
ノルエチンドロン(ピルの成分)に血漿中濃度上昇が報告されています。
・ジゴキシン
ジゴキシンの血漿中濃度が報告されています。
・陰イオン交換樹脂(レジン)
リピトールのAUC約25%低下報告があります。
・ベキサロテン
リピトールのAUC約50%低下報告があります。
・エファビレンツ、リファンピシン
リピトールの血漿中薬物濃度の低下報告があります。
・グレープフルーツジュース
リピトールのAUCが2.5倍に上昇したとの報告があります。
・HIVプロテアーゼ阻害剤
リピトールのAUCが1.7倍に上昇したとの報告があります。
・クラリスロマイシン、グラゾプレビル
リピトールの血漿中薬物濃度の有意な上昇が報告されています。
・フィブラート系薬剤、ニコチン酸製剤
急激な腎機能悪化を伴う横紋筋融解症が発現しやすいとの報告があります。
・免疫抑制剤、アゾール系抗真菌薬
血中及び尿中に含まれるミオグロビンが増え、腎機能が悪化する可能性があります。

リピトール10mg【2箱セット】の口コミ

  • 下がってきた
    旦那に言われるがまま購入して服用し始めたリピトールですが、本当に中性脂肪とコレステロールが下がってきました。今回ばかりは旦那に頭が上がりません。現在服用し始めてから半年ですが、ほぼ正常値に戻すことができました。今後は予防として続けていくつもりです。
    ★★★★★
    女性イメージアイコン
    群馬県
  • ダイエット効果
    ダイエット効果を高めるためにリピトールを服用しています。取りあえず食事の量を減らして運動を取り入れてますが、体重の低下スピードが遅かったのリピトールを服用。薬をプラスしてから明らかに体重の減りがよくなりましたね。選んで正解でした。
    ★★★★★
    男性イメージアイコン
    神奈川県
  • リピトール10mg【2箱セット】-自分の体は自分で守る
    自分の体は自分で守る
    医者に行ってもいいのですが、何となく信用できないので私は自分の体は自分で守るをモットーに健康管理をしています。最近、ちょっと肥満体になってきたことや目の周りに白い湿疹が出来てきたことなどを判断してリピトールの服用を始めました。何となく体が軽くなってきたような気がします。
    ★★★★★
    男性イメージアイコン
    三重県
ページトップへ戻る