ジプラックス200mg(セフスパンジェネリック)【7シートセット】

  • ジプラックス200mg(セフスパンジェネリック)【7シートセット】の画像
  • ジプラックス200mg(セフスパンジェネリック)【7シートセット】の画像
  • ジプラックス200mg(セフスパンジェネリック)【7シートセット】の画像

写真についての留意点

掲載している写真はイメージです。製薬会社の都合により、実際に届く商品とパッケージ等が異なる場合があります。薬効や品質に差異はありませんのでご安心ください。

  • ジプラックス200mg(セフスパンジェネリック)【7シートセット】のサムネイル画像
  • ジプラックス200mg(セフスパンジェネリック)【7シートセット】のサムネイル画像
  • ジプラックス200mg(セフスパンジェネリック)【7シートセット】のサムネイル画像
ジプラックス200mg(セフスパンジェネリック)【7シートセット】の概要
医薬品分類 ジェネリック医薬品
製薬会社名 シプラ
内容量 10錠 × 7シート
口コミ
タグ
お届け予定日 12/14(水) ~ 12/21(水) 前後
使用期限 2024年3月 ※注意事項を見る

掲載している消費期限は目安としてご確認ください。
ご購入のタイミングによって使用期限が前後する場合がございます。
掲載している使用期限と必ずしも同じ商品のお届けとなることを保証するものではありませんので予めご了承ください。

もらえるポイント 63 ポイント
販売価格 ¥6,384
ジプラックス200mg(セフスパンジェネリック)【7シートセット】です。
まとめ割引で一番ご好評いただいている7シートセットタイプで、1シート購入に比べ割引率が大変高く、長期的にご使用でき経済的にも安心です。
ジプラックス200mgは呼吸器感染症、耳鼻科感染症、尿路感染症などの治療に用いる抗生物質です。
この薬は、細菌の細胞壁合成を阻害することににより、細菌の増殖を阻害して抗菌作用を示します。
主に、耳鼻科感染症、尿路感染症、呼吸器感染症、肺炎、急性気管支炎、慢性呼吸器病変の二次感染、膀胱炎、腎孟腎炎、尿道炎、胆嚢炎、胆管炎、中耳炎などに使用されます。
副作用としてはショック症状を起こす事があり、不快感、口内異常感や便意、耳鳴り、発汗などがあります。
ジプラックス200mgは体重1キロ当たり0.03〜0.04gを1日量として2回に分けて服用するのが原則です。
症状によって適宜増減しますが、重症だと診断された場合は体重1キロ当たり0.12gを2回に分けて服用します。
以前薬を使用して、かゆみ、発疹のアレルギーが出た方、本人や家族に気管支喘息、腎障害、経口摂取不良などの方や妊娠中または授乳中の方、他の薬を服用している(大衆薬も含みます)方は医師の指示に従いご使用ください。
まとめ買い割引
  通常価格 販売価格   1錠 1錠 1シート
ジプラックス200mg(セフスパンジェネリック) ¥2,680
カート
¥268 ¥268 ¥2,680
ジプラックス200mg(セフスパンジェネリック)【2シートセット】 ¥5,360 ¥3,524
カート
¥176 ¥176 ¥1,762
ジプラックス200mg(セフスパンジェネリック)【3シートセット】 ¥8,040 ¥4,148
カート
¥138 ¥138 ¥1,383
ジプラックス200mg(セフスパンジェネリック)【5シートセット】 ¥13,400 ¥5,149
カート
¥103 ¥103 ¥1,030
ジプラックス200mg(セフスパンジェネリック)【7シートセット】 ¥18,760 ¥6,384
カート
¥91 ¥91 ¥912

ジプラックス200mg(セフスパンジェネリック)【7シートセット】の効果効能

ジプラックス200mg(セフスパンジェネリック)は、主成分がセフィキシムの細粒剤です。
セフェム系の抗生物質で、呼吸器、耳鼻科の感染症や尿路感染症などの治療に使用されます。
急性気管支炎、肺炎、慢性呼吸器病変の二次感染や中耳炎、副鼻腔炎、また膀胱炎、腎盂腎炎、尿道炎などに使われることがあります。
セフィキシムは、感染症のなかでも「細菌」が原因の病気に効果があります。細菌のなかには細胞壁をもつものがあります。
セフィキシムは細胞壁の合成を阻害する作用があります。
ペニシリン系抗生物質とくらべると副作用が少なく、安全性が高い抗生物質です。
予想される副作用として軟便、下痢、腹痛、吐き気があります。
下痢がおきるのは抗生物質によって腸内細菌のバランスがかわってしまうからです。
そのため乳酸菌の整腸薬と併用することがあります。

ジプラックス200mg(セフスパンジェネリック)【7シートセット】の使用方法

ジプラックス200mgは1日2回1回50〜100mgを経口服用してください。
症状が重い場合や効果が不十分の際は、1回の量を200mgにして服用してください。
また、飲み忘れてしまった場合には、気が付いた時点で服用してください。(1度に2回分の服用はおやめください。)
症状や年齢によって適宜増減しますが、基本的には医師の指示に従って使用してください。

ジプラックス200mg(セフスパンジェネリック)【7シートセット】の成分

セフィキシム

ジプラックス200mg(セフスパンジェネリック)【7シートセット】の副作用

ジプラックス200mg(セフスパンジェネリック)は、セフェム系の抗生物質で細菌の増殖を阻害する抗菌作用があり、呼吸器感染症や耳鼻科感染症、尿路感染症などの感染症の治療に使用される薬で、淡い橙色の細粒剤です。
ジプラックス200mgは、発疹や発熱、下痢、かゆみなどの副作用が出る場合があります。
また、顔が青白くなったり冷汗が出る、目の充血、皮膚がただれる、動悸、発熱、咳、息苦しくなる、皮膚や白目が黄色くなるなどの症状が出た場合は、アナフィラキシー様症状、皮膚障害、血液障害、間質性肺炎、PIE症候群、肝機能障害、黄疸などの初期症状の可能性があり、直ちに薬の服用を中止し、早急に医師の診断を受ける必要があります。
ジプラックス200mgの注意点は、本人や家族に気管支喘息や発疹、蕁麻疹等のアレルギーがある人、腎障害や経口摂取不良、全身状態不良のある人、妊娠中や授乳中の人、他の治療薬と併用する人は医師に相談する必要があります。

ジプラックス200mg(セフスパンジェネリック)【7シートセット】の関連商品

ジプラックス200mg(セフスパンジェネリック)【7シートセット】の口コミ

  • ジプラックス200mg(セフスパンジェネリック)【7シートセット】-徹底的にやっつける
    徹底的にやっつける
    なんとクラミジア陽性が出てしまいました。最近なんか様子がおかしいと思ったら…(ー ー;)病院でもらった薬だけでは心もとなかったので、ここでジプラックスを追加購入。徹底的に菌をやっつけました。こっちの方が副作用は少なかったかも?
    ★★★★★
    女性イメージアイコン
    兵庫県
  • ツイッターで
    フォローしている人がネットで薬が買えるとつぶやいていたので、それで知りました。中国とかフィリピンのニセモノとか言われてるけど、このサイトの薬はきちんと効果がある薬でした。
    ★★★★★
    女性イメージアイコン
    神奈川県
ページトップへ戻る