ジプラックス100mg(セフスパンジェネリック)【5シートセット】

  • ジプラックス100mg(セフスパンジェネリック)【5シートセット】の画像
  • ジプラックス100mg(セフスパンジェネリック)【5シートセット】の画像
  • ジプラックス100mg(セフスパンジェネリック)【5シートセット】の画像

写真についての留意点

掲載している写真はイメージです。製薬会社の都合により、実際に届く商品とパッケージ等が異なる場合があります。薬効や品質に差異はありませんのでご安心ください。

  • ジプラックス100mg(セフスパンジェネリック)【5シートセット】のサムネイル画像
  • ジプラックス100mg(セフスパンジェネリック)【5シートセット】のサムネイル画像
  • ジプラックス100mg(セフスパンジェネリック)【5シートセット】のサムネイル画像
ジプラックス100mg(セフスパンジェネリック)【5シートセット】の概要
医薬品分類 ジェネリック医薬品
製薬会社名 シプラ
内容量 10錠 × 5シート
口コミ
タグ
お届け予定日 8/16(火) ~ 8/23(火) 前後
使用期限 2023年7月 ※注意事項を見る

掲載している消費期限は目安としてご確認ください。
ご購入のタイミングによって使用期限が前後する場合がございます。
掲載している使用期限と必ずしも同じ商品のお届けとなることを保証するものではありませんので予めご了承ください。

もらえるポイント 38 ポイント
販売価格 ¥3,804
ジプラックス100mg(セフスパンジェネリック)【5シートセット】です。
セット購入がお得な5シートセットで、3シートセットに比べて格段に値下げしております。
大変人気のお薬ですので、お早目のご購入を。
ジプラックス100mgは、有効成分「セフィキシム」のセフェム系抗生物質です。
細菌の細胞壁合成を阻害することで、細菌の増殖を抑制することによる抗菌作用があります。
主に、耳鼻科感染症、尿路感染症、呼吸器感染症、肺炎、急性気管支炎、慢性呼吸器病変の二次感染、膀胱炎、腎孟腎炎、尿道炎、胆嚢炎、胆管炎、中耳炎などに使用されます。
ジプラックス100mgは体重1キロ当たり0.03〜0.04gを1日量として2回に分けて服用するのが原則です。
症状によって適宜増減しますが、重症だと診断された場合は体重1キロ当たり0.12gを2回に分けて服用します。
ジプラックス100mgの副作用としてはショック症状を起こす事があり、不快感、口内異常感や便意、耳鳴り、発汗などがあります。
その他にアナフィラキシー症状、皮膚粘膜眼症候群や中毒性表皮壊死症、血液障害の症状も現れることがあります。
まとめ買い割引
  通常価格 販売価格   1錠 1錠 1シート
ジプラックス100mg(セフスパンジェネリック) ¥1,980
カート
¥198 ¥198 ¥1,980
ジプラックス100mg(セフスパンジェネリック)【2シートセット】 ¥3,960 ¥2,604
カート
¥130 ¥130 ¥1,302
ジプラックス100mg(セフスパンジェネリック)【3シートセット】 ¥5,940 ¥3,065
カート
¥102 ¥102 ¥1,022
ジプラックス100mg(セフスパンジェネリック)【5シートセット】 ¥9,900 ¥3,804
カート
¥76 ¥76 ¥761
ジプラックス100mg(セフスパンジェネリック)【7シートセット】 ¥13,860 ¥4,716
カート
¥67 ¥67 ¥674

ジプラックス100mg(セフスパンジェネリック)【5シートセット】の効果効能

ジプラックス100mg(セフスパンジェネリック)はセフィキシムを主成分とするセフェム系の抗生物質です。
セフィキシムは細菌の細胞壁の合成を阻害することで菌を殺す作用があります。
この作用はさまざまな細菌に有効で、グラム陽性菌に加え、大腸菌やインフルエンザ菌などグラム陰性菌にも強い抗菌力を発揮します。
そのため呼吸器や耳鼻科領域を中心とした各科で様々な細菌感染症に使用され、具体的には、急性気管支炎、肺炎、慢性呼吸器病変の二次感染、膀胱炎、腎盂腎炎、尿道炎、胆嚢炎、胆管炎、中耳炎、副鼻腔炎、猩紅熱に用いられます。
一般的には一日二回、朝食後と夕食後に服用することで、3〜4日もすれば治ってきますが、効果が無かったり悪化したりする場合は薬があっていない可能性があるため早めに受診しましょう。
このセフィキシムは副作用の少ない安全性の高い抗生物質ですが、抗菌作用により腸内細菌のバランスが乱れて下痢や軟便を起こしたり、発疹やじんましんがでることがあります。

ジプラックス100mg(セフスパンジェネリック)【5シートセット】の使用方法

ジプラックス100mgはペニシリン系の抗生物質で、様々な感染症に効果のあるお薬となっていますので、症状に合わせて使用してください。
年齢や症状によってお薬の量が適宜増減しますが、必ず医師の指示に従い正しく使用してください。
1日2回服用し1回の服用量は50〜100mgを経口服用してください。
お薬を服用する際は、必ず食後に服用してください。

ジプラックス100mg(セフスパンジェネリック)【5シートセット】の成分

セフィキシム

ジプラックス100mg(セフスパンジェネリック)【5シートセット】の副作用

ジプラックス100mg(セフスパンジェネリック)はレンサ球菌や大腸菌などの腸内細菌、またインフルエンザなどの感染症の薬として使われます。
セフィキシムはセフェム系抗生物質の1つで、ペニシリン系抗生物質のように直接細菌を攻撃するため人細胞への影響はないので、抗生物質そのものに対するアレルギー以外これといった副作用はありません。
ただ全く副作用が無いというわけではなく、発疹、じんま疹、かゆみなどのアレルギー症状を引き起こすことがあります。
ひどい時には吐き気や下痢、おう吐などの症状が出ることもあります。
抗生物質に対して過敏症状が出た場合は服用を中止して医師に相談して下さい。
ジプラックス100mgは原則食後の服用です。
比較的持続効果の長い薬ですので1日2回の服用で良いとされていますが医師の指示に従って正しく服用して下さい。
また肝臓や腎臓、胃腸などに病気を持っている人や、現在妊娠中の人は服用に際し特に注意が必要なので必ず医師にご相談ください。

ジプラックス100mg(セフスパンジェネリック)【5シートセット】の関連商品

ジプラックス100mg(セフスパンジェネリック)【5シートセット】の口コミ

  • 激しいのどの痛みに
    激しく喉が痛む時に利用しています。病院に行っても抗生剤ではなく消炎剤と痰切り薬しか出ないので治りません。ということでこちらから抗生剤を購入しています。飲むと速やかに喉の痛みから解放されるので助かってます。価格的にも安いので助かります。
    ★★★★★
    男性イメージアイコン
    東京都
  • 風邪薬
    風邪薬として使ってます。最近は病院に行っても抗生剤がでないのでこちらから購入してストックしています。私の場合はいつも細菌性の風邪を引くので絶対に抗生剤が欠かせないのです。それを医師に言っても信じてくれないのでネットで購入することにしています。
    ★★★★★
    男性イメージアイコン
    岐阜県
  • ジプラックス100mg(セフスパンジェネリック)【5シートセット】-もう誰にも言わない(泣
    もう誰にも言わない(泣
    つらいですよね~クラミジア。周りに相談もしづらいし…ちなみに友達に打ち明けたらドン引きされたことあります(泣)それがあってからはもう誰にも言わないって決めて、薬も通販で買って対処してます。ジプラックスはかなりおすすめです。
    ★★★★★
    女性イメージアイコン
    埼玉県
ページトップへ戻る