ジプラックス50mg(セフスパンジェネリック)【2シートセット】

  • ジプラックス50mg(セフスパンジェネリック)【2シートセット】の画像
  • ジプラックス50mg(セフスパンジェネリック)【2シートセット】の画像
  • ジプラックス50mg(セフスパンジェネリック)【2シートセット】の画像

写真についての留意点

掲載している写真はイメージです。製薬会社の都合により、実際に届く商品とパッケージ等が異なる場合があります。薬効や品質に差異はありませんのでご安心ください。

  • ジプラックス50mg(セフスパンジェネリック)【2シートセット】のサムネイル画像
  • ジプラックス50mg(セフスパンジェネリック)【2シートセット】のサムネイル画像
  • ジプラックス50mg(セフスパンジェネリック)【2シートセット】のサムネイル画像
ジプラックス50mg(セフスパンジェネリック)【2シートセット】の概要
医薬品分類 ジェネリック医薬品
製薬会社名 シプラ
内容量 10錠 × 2シート
口コミ
タグ
お届け予定日 8/25(木) ~ 9/1(木) 前後

申し訳ございません。
ただ今こちらの商品は在庫切れとなっております。
同一カテゴリ、または関連商品から他の商品をお探しください。

関連商品はこちら
ジプラックス50mg(セフスパンジェネリック)【2シートセット】です。
セフスパンのジェネリックなので、純正品よりお安く購入できますが、2シートセットなら単品よりさらに割引されますのでオススメです。
ジプラックス50mgは細菌の細胞壁の合成を妨げることによって、細菌が増殖することを阻害していきます。
セフェム系の抗生物質は現在もっとも多く使用されている抗生物質で、主に、耳鼻科感染症、尿路感染症、呼吸器感染症、肺炎、急性気管支炎、慢性呼吸器病変の二次感染、膀胱炎、腎孟腎炎、尿道炎、胆嚢炎、胆管炎、中耳炎などに使用されます。
副作用としてはショック症状を起こす事があり、不快感、口内異常感や便意、耳鳴り、発汗などがあります。
ジプラックス50mgは体重1キロ当たり0.03〜0.04gを1日量として2回に分けて服用するのが原則です。
症状によって適宜増減しますが、重症だと診断された場合は体重1キロ当たり0.12gを2回に分けて服用します。
まれに発疹が出たり下痢や吐き気などの胃腸症状が出たり、ごくまれにアナフィラキシー症状の副作用が出ることがありますので、そのような場合には服用を中止して医師・薬剤師に相談しましょう。
まとめ買い割引
  通常価格 販売価格   1錠 1錠 1シート
ジプラックス50mg(セフスパンジェネリック) ¥1,680 在庫切れ ¥168 ¥168 ¥1,680
ジプラックス50mg(セフスパンジェネリック)【2シートセット】 ¥3,360 ¥2,209 在庫切れ ¥110 ¥110 ¥1,105
ジプラックス50mg(セフスパンジェネリック)【3シートセット】 ¥5,040 ¥2,600 在庫切れ ¥87 ¥87 ¥867
ジプラックス50mg(セフスパンジェネリック)【5シートセット】 ¥8,400 ¥3,228 在庫切れ ¥65 ¥65 ¥646
ジプラックス50mg(セフスパンジェネリック)【7シートセット】 ¥11,760 ¥4,002 在庫切れ ¥57 ¥57 ¥572

ジプラックス50mg(セフスパンジェネリック)【2シートセット】の効果効能

ジプラックス50mg(セフスパンジェネリック)はセフェム系の第3世代の抗生物質で、細菌感染症の治療薬として現在使用されています。
のどの痛みをはじめ発熱などの風邪症状は体の炎症反応の一つです。
これらの炎症反応は細菌を体の中から死滅させることにより炎症は引いていきます。
セフィキシムはこの炎症の原因でもあるグラム陰性菌やグラム陽性菌に作用し菌を死滅させることで病気の悪化を防ぎ、治癒へ向かいます。
体が弱っている時に細菌感染を起こさないように予防する、二次感染予防として内服される場合もあり様々な用途に対し活躍している薬です。
特に、気管支炎や肺炎、副鼻腔炎などが適応疾患とされており呼吸器科や耳鼻科での受診の際に処方されることが多い薬です。
セフェム系の抗生剤なので、同じセフェム系でのじんましんやアレルギー症状が出たことのある方は内服に注意が必要です。
副作用として腸内バランスが乱れることにより下痢の症状が出る場合があります。そのため整腸剤との併用が行われることも多いです。

ジプラックス50mg(セフスパンジェネリック)【2シートセット】の使用方法

ジプラックス50mgはセファム系の抗生物質です。
主に細菌の増殖を阻害し、細菌の細胞膜を破壊することができるため、様々な感染症に効果を示します。
使用方法としては、1日2回食後に1回50〜100mgを服用してください。
また、症状によって効果が不十分な場合には1回200mgの服用が可能となっています。
服用を忘れた場合には気が付いた時点で服用し、1度に2回分を服用することはやめてください。
年齢や症状によって適宜増減しますが、必ず医師の指示に従って正しく使用してください。

ジプラックス50mg(セフスパンジェネリック)【2シートセット】の成分

セフィキシム

ジプラックス50mg(セフスパンジェネリック)【2シートセット】の副作用

ジプラックス50mg(セフスパンジェネリック)は、レンサ球菌、肺炎球菌をはじめとする、菌の働きを鎮める抗生物質になります。
ペニシリン系の抗生物質をはじめ、薬に対する過敏さを抱えている場合や、家族内にアレルギーを起こしやすい体質を引き継いでいる場合などには、慎重に扱います。
稀に過敏さやアレルギーを抱えている場合、アナフィラキシーショックを起こすことがあります。
そのような緊急の事態を起こさないようにするためにも、事前の問診などが大切になります。
呼吸器系に限らず、皮膚表面に赤みなどの症状を作り出す場合がありますので、自覚症状が現れた場合は早めに医師にご相談してください。
ジプラックス50mgは、甘さがある分、飲みやすさがあります。
飲み忘れたからといって、一度に2回分をまとめて使用することは避けてください。

ジプラックス50mg(セフスパンジェネリック)【2シートセット】の関連商品

ジプラックス50mg(セフスパンジェネリック)【2シートセット】の口コミ

  • 飲みやすい
    扁桃腺や風邪が悪化した時に必ず服用するようにしています。 風邪を引くたびに病院に行く時間もないので個人輸入して家に置いておくようにしています。キャンディーのように取りやすい薬ですし、粉薬のように誤って飛び散る心配もありません。
    ★★★★★
    女性イメージアイコン
    茨城県
  • お守りとして
    こういった下の問題は他人には知られたくないですし、病院に行くのも恥ずかしく....。ちょっとでも違和感を感じたらこの薬を1錠服用しています。仕事も休まず医者にも行く必要もなく数日後には回復します。とても心強い味方です。自分にとって御守りとしての常備薬です。
    ★★★★★
    男性イメージアイコン
    東京都
  • 2週間で別れた元彼
    性病にうつされちゃいました…ショック……。自然治癒はしないそうだし、いろいろ事情があって病院にも行けないからこのサイトが見つかって本当に良かった。
    ★★★★
    女性イメージアイコン
    京都府
ページトップへ戻る