カンピシリン500mg(ビクシリンジェネリック)

  • カンピシリン500mg(ビクシリンジェネリック)の画像
  • カンピシリン500mg(ビクシリンジェネリック)の画像
  • カンピシリン500mg(ビクシリンジェネリック)の画像

写真についての留意点

掲載している写真はイメージです。製薬会社の都合により、実際に届く商品とパッケージ等が異なる場合があります。薬効や品質に差異はありませんのでご安心ください。

  • カンピシリン500mg(ビクシリンジェネリック)のサムネイル画像
  • カンピシリン500mg(ビクシリンジェネリック)のサムネイル画像
  • カンピシリン500mg(ビクシリンジェネリック)のサムネイル画像
カンピシリン500mg(ビクシリンジェネリック)の概要
医薬品分類 ジェネリック医薬品
製薬会社名 ザイダスカディラ
内容量 10錠 × 1シート
口コミ
タグ
お届け予定日 12/14(水) ~ 12/21(水) 前後

申し訳ございません。
ただ今こちらの商品は在庫切れとなっております。
同一カテゴリ、または関連商品から他の商品をお探しください。

関連商品はこちら
カンピシリン500mg(ビクシリンジェネリック)は、安全性の高いペニシリン系の抗生物質で、淋菌、大腸菌、インフルエンザ菌など細菌を殺菌する薬です。
カンピシリン500mgの有効成分は、アンピシリン水和物で、細菌の細胞壁の合成を抑えることで、殺菌的に作用します。
アンピシリン水和物は、半合成ペニシリンで、天然ペニシリンよりも広い抗菌スペクトルをもちます。
副作用には、抗菌作用により腸内細菌のバランスが乱れるため便が軟らかくなり、人によっては発疹や発熱が出る場合もあります。
重い副作用には、腎不全や血液障害などがあり、生理機能が低下している高齢者などには副作用が出やすくなります。
ペニシリン系抗生物質に対し過敏症の既往歴のある患者、伝染性単核症のある患者は、禁忌になっています。
経口避妊薬と併用すると、避妊薬の効果が減弱する恐れがあります。
カンピシリン500mgは、症状、年齢、製剤によって用法用量が異なり、抗生物質の効きにくい細菌が増えているので、抗生物質の安易な使用は控えましょう。
まとめ買い割引
  通常価格 販売価格   1錠 1錠 1シート
カンピシリン500mg(ビクシリンジェネリック) ¥1,680 在庫切れ ¥168 ¥168 ¥1,680
カンピシリン500mg(ビクシリンジェネリック)【2シートセット】 ¥3,360 ¥2,209 在庫切れ ¥110 ¥110 ¥1,105
カンピシリン500mg(ビクシリンジェネリック)【3シートセット】 ¥5,040 ¥2,600 在庫切れ ¥87 ¥87 ¥867
カンピシリン500mg(ビクシリンジェネリック)【5シートセット】 ¥8,400 ¥3,228 在庫切れ ¥65 ¥65 ¥646
カンピシリン500mg(ビクシリンジェネリック)【7シートセット】 ¥11,760 ¥4,002 在庫切れ ¥57 ¥57 ¥572

カンピシリン500mg(ビクシリンジェネリック)の効果効能

カンピシリン500mg(ビクシリンジェネリック)はアンピシリン水和物が主成分です。
ペニシリン系の抗生物質で、呼吸器系の感染症に使われています。
細菌のなかには細胞壁をもつものがあります。
アンピシリン水和物はこの合成を妨げる作用があり、静菌的作用ではなく殺菌的な作用があります。
抗生物質が効かない細菌を耐性菌といいますが、クロキサシリンには、細菌が作るβラクタマーゼという抗生物質分解酵素を阻害する作用があります。
これによって抗生物質があまり効かない細菌であっても抗菌力を発揮します。
アンピシリン水和物は抗生物質としては安全性の高いものですが、稀にアレルギー症状を起こすことがあります。
喘息やじん麻疹などアレルギー性の病気のある人に対する処方は慎重になる必要があります。
ペニシリン系抗生物質を服用して、じん麻疹などアレルギー症状がでた人に対しては通常用いられることはありません。

カンピシリン500mg(ビクシリンジェネリック)の使用方法

カンピシリン500mgはペニシリン系の抗生物質です。
服用され際は必ず医師の指示に従い正しく使用してください。
成人の場合、1日1回250mg〜500mgを4〜6回に分割服用してください。
年齢や症状によって適宜増減することができますが、必ず医師にご相談ください。

カンピシリン500mg(ビクシリンジェネリック)の成分

アンピシリン

カンピシリン500mg(ビクシリンジェネリック)の副作用

カンピシリン500mg(ビクシリンジェネリック)は、細菌を死滅させるはたらきのある抗生物質です。
カンピシリン500mgは副作用があり、人によっては発疹、発熱、かゆみなどのアレルギー症状が発現する場合があります。
ひどいときには、まれにショック症状や血液障害、大腸炎、肝機能障害を引き起こす場合があります。
アレルギー症状や、ショック症状の前兆があらわれた際には、すぐに服用をやめ、医師に相談してください。
また、下痢、吐き気、腹痛、食欲不振などの全身症状があらわれる場合があります。
服用は食後が原則です。
以前にペニシリン系の薬品でショック症状を起こしたことがある人は服用してはいけません。
過去にアレルギー症状が出た人や、親族にアレルギー症状を持つ人がいる場合には、事前に医師に相談しておく必要があります。
また、肝機能や腎機能に障害がある人や、妊婦は、病状の悪化や胎児への悪影響の可能性があるため、医師に相談し、高齢者は副作用が出やすいため、特に服用に注意が必要です。

カンピシリン500mg(ビクシリンジェネリック)の関連商品

カンピシリン500mg(ビクシリンジェネリック)の口コミ

  • カンピシリン500mg(ビクシリンジェネリック)-クラミジアにすぐ対処するため
    クラミジアにすぐ対処するため
    以前にクラミジアに感染したことがあり、かなり大変な経験ををしたことから、次があってもすぐに対処できるような常備薬としてて購入しました。値段もやすいですし、これでまたクラミジアになっても大丈夫です。
    ★★★★★
    男性イメージアイコン
    長崎県
  • 性病は病院に行きにくいから助かりました!
    性病で病院に行くのが、どうしても嫌で、クラミジア治療のためにこのカンピシリンを購入してみました。 実際に病院にいって処方された際の代金よりも安くおさまり、効果もしっかり実感できたので、大変満足しています!
    ★★★★★
    男性イメージアイコン
    山口県
  • 肺炎になりかけたことがあって
    一度風邪が悪化して病院に行かなかったけどめっちゃ苦しい思いをしたことがあって、後で調べたら肺炎になりかけてたみたい。怖いので買い置きすることにしました。常備薬は必要だと思います。
    ★★★★★
    男性イメージアイコン
    群馬県
  • カンピシリン500mg(ビクシリンジェネリック)-ついつい使っちゃう
    ついつい使っちゃう
    一度風邪をこじらせて肺炎になりかけてから、抗生剤の偉大さを知りました。あんまり使いすぎると良くないけど、ついつい使ってしまう^^;
    ★★★★★
    男性イメージアイコン
    広島県
ページトップへ戻る