カンピシリン250mg(ビクシリンジェネリック)【7シートセット】

  • カンピシリン250mg(ビクシリンジェネリック)【7シートセット】の画像
  • カンピシリン250mg(ビクシリンジェネリック)【7シートセット】の画像
  • カンピシリン250mg(ビクシリンジェネリック)【7シートセット】の画像

写真についての留意点

掲載している写真はイメージです。製薬会社の都合により、実際に届く商品とパッケージ等が異なる場合があります。薬効や品質に差異はありませんのでご安心ください。

  • カンピシリン250mg(ビクシリンジェネリック)【7シートセット】のサムネイル画像
  • カンピシリン250mg(ビクシリンジェネリック)【7シートセット】のサムネイル画像
  • カンピシリン250mg(ビクシリンジェネリック)【7シートセット】のサムネイル画像
カンピシリン250mg(ビクシリンジェネリック)【7シートセット】の概要
医薬品分類 ジェネリック医薬品
製薬会社名 ザイダスカディラ
内容量 10錠 × 7シート
口コミ
タグ
お届け予定日 12/14(水) ~ 12/21(水) 前後

申し訳ございません。
ただ今こちらの商品は在庫切れとなっております。
同一カテゴリ、または関連商品から他の商品をお探しください。

関連商品はこちら
カンピシリン250mg(ビクシリンジェネリック)【7シートセット】です。
最も人気のある7シートセットで、5シートより大幅に安くなっています。
最安値で買いたい人にはぜひオススメです。
カンピシリン250mgはアンピシリン水和物を主成分とするペニシリン系の抗生物質です。
人体に病原微生物が侵入して起こる感染症には、細菌によるもの、ウイルスによるもの、そしてカビなどの真菌によるものなどがありますが、カンピシリン250mgが効果を発揮するのは細菌となります。
主成分であるアンピシリン水和物が細菌の細胞壁に作用し、細菌の合成増殖を抑えることによって、死滅させることができます。
特にグラム陽性菌に高い効果を発揮し、大腸菌やグラム陰性菌の一部にも有効的とされています。
副作用として報告されているのは下痢が多いですが、これは殺菌作用によって腸内細菌まで死んでしまうことによって、腸内環境のバランスが崩れてしまうからです。
また発疹や発熱が伴うこともあります。
このような場合は使用を中止し、医師と相談してください。
重篤な副作用としては、まれに高齢者に腎不全や血液障害、大腸炎などが起こることがあります。
まとめ買い割引
  通常価格 販売価格   1錠 1錠 1シート
カンピシリン250mg(ビクシリンジェネリック) ¥1,480 在庫切れ ¥148 ¥148 ¥1,480
カンピシリン250mg(ビクシリンジェネリック)【2シートセット】 ¥2,960 ¥1,946 在庫切れ ¥97 ¥97 ¥973
カンピシリン250mg(ビクシリンジェネリック)【3シートセット】 ¥4,440 ¥2,291 在庫切れ ¥76 ¥76 ¥764
カンピシリン250mg(ビクシリンジェネリック)【5シートセット】 ¥7,400 ¥2,844 在庫切れ ¥57 ¥57 ¥569
カンピシリン250mg(ビクシリンジェネリック)【7シートセット】 ¥10,360 ¥3,525 在庫切れ ¥50 ¥50 ¥504

カンピシリン250mg(ビクシリンジェネリック)【7シートセット】の効果効能

カンピシリン250mg(ビクシリンジェネリック)にはアンピシリン水和物という成分が主体となっています。
この薬は代表的なペニシリン系抗生物質のひとつで、細菌の殺菌目的で使われます。
様々な細菌に有効的であり、呼吸器や耳鼻科領域での処方が多いのも特徴の1つです。
扁桃炎や咽頭炎、気管支炎、中耳炎などの診断を受けるとこの薬がでてくることもあります。
アンピシリン水和物は比較的安全性の高い抗生物質ですが、まれにアレルギー症状を起こしてしまう人もいるので、アレルギーをお持ちの方は、事前に医師にご相談ください。
また殺菌作用によって、腸内細菌のバランスが崩れることで起こることがあります。
軟便程度であれば心配いりませんが、ひどく下痢が続いたり、血便があるときには病院を受診してください。

カンピシリン250mg(ビクシリンジェネリック)【7シートセット】の使用方法

カンピシリン250mgは細菌感染症に伴う治療に用いる薬剤となっています。
ペニシリン系の抗生物質となっていますので扁桃炎、咽頭炎、気管支炎、中耳炎などに効果を示します。
使用方法としては成人の場合、1回250mg〜500mgを1日4〜6回に分けて服用してください。
尚、年齢、症状に応じて適宜増減することが可能となっています。
服用を忘れてしまった場合は、気づいた時に服用してください。この場合2回分を服用されることはやめてください。
服用の際は必ず用法用量を守り正しく使用してください。

カンピシリン250mg(ビクシリンジェネリック)【7シートセット】の成分

アンピシリン

カンピシリン250mg(ビクシリンジェネリック)【7シートセット】の副作用

カンピシリン250mg(ビクシリンジェネリック)の有効成分はアンピシリンです。
これはペニシリン系の抗生物質で、ペプチド転移酵素を拮抗阻害することで、細菌の細胞壁を作るために必要な物質を合成できなくさせます。
これにより殺菌的な作用があります。人間の細胞は細胞壁をもたないため、害毒はありません。
扁桃炎や咽頭炎、気管支炎、中耳炎などの感染症治療に用いられるケースが多くあります。
カンピシリン250mgを服用する場合、成人は1日4〜6回経口服用します。
ペニシリン系の抗生物質は安全性が高い抗生物質ですが、アレルギー症状を起こすことが稀にあるため、アレルギー体質の人はこの薬を飲む前に医師に相談が必要です。
また腎臓の悪い人や高齢者は副作用がでやすいため、服用量や服用間隔について医師の指示に従ってください。
副作用は軽度なものでは発疹、重い副作用として、腎不全、血液障害、大腸炎、皮膚障害がありますが、このような重い副作用は通常はほとんどありません。

カンピシリン250mg(ビクシリンジェネリック)【7シートセット】の関連商品

カンピシリン250mg(ビクシリンジェネリック)【7シートセット】の口コミ

  • カンピシリン250mg(ビクシリンジェネリック)【7シートセット】-お手上げだった中耳炎
    お手上げだった中耳炎
    小さい頃から免疫力が弱いのか、中耳炎にとにかくかかりやすくて!大人になってからも症状がつらくなるばかりで、どう対処したら良いものかお手上げだったけどカンピシリンを飲むようになってから症状が出てもすぐに治るようになりました。
    ★★★★★
    女性イメージアイコン
    栃木県
  • 中耳炎に
    以前病院にかかった際に死ぬほど痛い思いをしたので、もう病院にはかかりたくありません( ;∀;)やっぱり自分で薬で治すのが安心です。抗生剤だから多めに買っておいても色々用途があるので、問題無しです。
    ★★★★★
    男性イメージアイコン
    福岡県
ページトップへ戻る